店長ブログ

  • 最高のワークステーションパソコン増設!!

事務所に追加でまたまたパソコンを導入しました!!
当店のデスクトップパソコンは全て自作で組んでますので今回も厳選してパーツを選んでおります!!

CPUは勿論、インテル一択!!
しかもジーオンにしました。
ジーオンはi7やi9よりも内部パーツがしっかりして拡張性もそれに特化しておりますので、安定性、処理能力が別格です。
これを装着するマザーボードも信頼のASUS、そして拡張性の高いATXマザーボードにしました。
ワークステーション用の安定性は、マザー一つにとってもコンデンサなどの内部パーツのクオリティの違いにあります。
中国製などは論外ですね。
やはりmade in Japan!!これが世界最高品でしょう。
このパーツをジーオン用のマザーは使っております。
グラフィックなどもCPU内部に入ってませんので、別でグラフィックカードを購入する必要がありますが、
一般的なi7CPUなんかでもデフォルトでついているグラフィック性能はお話になりませんので、購入しないといけないことを考えると内部にグラフィック性能が備わっていないのは、内部パーツの安定性に繋がります。
やはり処理は、専用パーツに専念させたほうが遥かにクオリティーが高いのと安定性がいいので少々経費がいってもここは、削減すべき所では無く、長い目で見ると逆にお得になります。
OSやアプリ内だけで処理をする事をソフトフェア処理といいまして、パーツ単位で処理することをハードフェア処理といいます。
ここが、安定性に特化する部分のひとつでジーオンは、ハードフェア処理=安定性=パーツのクオリティとなっており、組んでいくパーツも同じ考え方で作られておりますので、初期費用はかかるが最高と僕は考えております。

してグラフィックボードはQuadro一択!!
QuadroのRTX4000を選択しました。

GeForceやRadeonも使ってきましたが、Quadroが画像、映像の発色、処理能力は別格、レベルが違います。
GeForceやRadeonはゲームには特化し処理は早いですが、お仕事で使うとなると早さよりも発色性能などの品質でしょう。
ただし、Quadroの欠点は、ただ一つ値段が高い点です!!

メモリーは32Gでデュアルチャンネル!!
メモリーは大いに越したことはありませんね。

そして、他のパーツが最高品でも電源がしょぼかったらお話になりません。
電源は、80PLUSでチタンランクを選択しました。
80PLUSとは電源の節約、低発熱、静穏性能などが非常に高いので自作組まれる方は、この規格を選んだ方がいいですよ。
ランクとは電源の安定性のランク付けです。
スタンダード、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、チタンと6つのランクがあり、チタンは最高ランクです。
最低でもゴールド以上を選びましょう。
電源は絶対にケチったらいけないパーツです。

僕は昔から自作パソコンを組んでますので、電源で悩まされたことがあります。
どういう事かというとパソコンに例外エラーなどの不具合が出てパーツを外して検証、ソフトの検証、バッティング・・・
いろいろ調べて最後に電源だったって落ちです。
電源は、症状がその時出てたらわかるんですが、テスターで調べても正常値でしたが、電源を押した瞬間の電圧が弱かった為に例外エラーが出ていたことがありました。
この安定性がランク付けです。
非常に大事ですよ。
メーカーのお勧めはコルセアです。
内部の半導体のテクノロジーが群をぬいてるのと世界最高のmade in japanのパーツを使っており他社と違います。
コルセアのAX1600i CP-9020087-JPが僕の選んだ電源でお勧めです。

そして、熱効率も考えてパソコンケースは大きめのミドルタワーがいいです。
省スペースケースは、熱効率も拡張性も悪いので止めておきましょう。

事務所での組み上げは慣れているわたくしでもソフトフェアのインストールと設定、移行もあり、なんと4日間もかかりました(-_-;)

しかし苦労したかいもあり組みあがったパソコンは、安定性、スピード、作業効率は最高です。









 

他店のクレームが非常に多いです!!!

2020/02/03 02:22:14|コメント:0件

  • 他店のクレームが非常に多いです!!!

当店の電話番からお客様の問い合わせ電話で
昨年からちょくちょく他店さんのクレームを聞いております。
問い合わせのあったお客さまからは、利用後、“アモーレは、そのお店と全く違いありがとうございました”とお礼のお電話がかかって来て常連客になって頂けるのでその点はありがたい事ですが、
電話の問い合わせ時、やり取りに時間が掛かってしまってます。
そのお店は県外から数店舗出店しているお店らしいですが、この店が高知に来る前は、こういったことはほとんどなかったです。

1、内容は、写真と全然違う女の子が来たので、名前を聞くと答えないし、接客が横柄。
2、20歳の女の子を依頼したら、40、50歳の別人が来た。
3、頼んで15分程でご案内出来るといったのに60分過ぎても案内が無い。
4、チェンジすると上記と同じですぐに来ると言ったのにかなり待たされ、お店に電話するともうすぐ着きますというが全く来ないので再度電話すると電話を出ず、別の店に依頼すると60分以上過ぎているにも関わらず、お店のスタッフが来て高いキャンセル料を払えと言われた。
など非常に苦情が多いです。
ちなみにこのお店は女の子の料金も男性スタッフが取りに来るらしいです(ー_ー)

出勤も女の子がさほど出勤していないのに偽装出勤をしているようで、上記、3.4の様な事も起こるのでしょう。
めちゃくちゃですね。
お客様方、気を付けて下さい。

一応、メリットもありまして、冒頭にも書いたんですが、
そういったお客様が御利用されると当店に感謝の気持ちをお電話でお伝え頂き常連様になって頂ける点ですが、
デメリットはデリヘルに懲りて、利用されなくなったお客様もいるでしょうからその点は非常に迷惑です。



 

パチンコ店の検証20!!

2020/01/12 00:58:11|コメント:0件

  • パチンコ店の検証20!!

本日は、検証というより引きというのを考えていきます。

引き=運ですが、
スロット・パチンコ台とも
ホルコンの出玉率操作が無ければ抽選されています。
この抽選に連続当選もしくは出玉率の多いモードを当てるのですが、
上記に書いた
引き=運では無くて、
知識=引きと僕は考えています。

どういう事かと言うと
30枚のクジがあったとして、その中に1枚の当たりクジがあるとします。
これをただ単に引くなら同じ確立になりますね。
しかし、30枚のクジの中から
こちら側に当たりが入っている!ここの模様の違いに当たりが入っているなど知識があれば確率は各段に上がります。
あたり前と思うかもわかりませんが、情報を得るための行動をしていなければこの情報は入って来ていないでしょう。

これをスロットに置き換えて考えるとゲーム性やポイント、ホルコンの挙動などを考えて打つと
ただ単にプレイしている人よりも数段違ってきます。
これは、単にスロット・パチンコだけではなく、ビジネスなんかでも同じと考えています。
知識を得る為に行動し、情報を収集し、広いシェアを見る。
これが、結果が出る人は=運がいいとなるんでは無いかと考えます。

要は、同じ事の繰り返しばかりやるんでは無く、常に挑戦挑戦、そこから学ぶ向上心です。





 

パチンコ店の検証19!!

2019/11/26 05:13:42|コメント:0件

  • パチンコ店の検証19!!

いよいよ6号機時代に突入します。

6号機は、確かに5.9号機よりはマシと言えばそうなりますが、
5.9号機の時は、まだ5号機のARTのバジリスク絆やハーデスがありましたので、5.9を回避してそちらを選択出来ましたが、
残念ながら上記の機種は撤去が決まってます。

6号機は最大獲得枚数の関係から現在のジャグラーのスペックでは検定が通らないので獲得枚数が減となったらジャグラーでのお小遣いゲットは難しくなるんではって考えます。

数日前の隠れイベント日を狙って、
6号機の北斗の拳天昇
をオープンからラストまで回しました。
一応、新台導入から数日の隠れイベント日なんで設定5か6の高設定を入れる可能性があったので
過去のデータから設定を入れるであろう台を読んで朝一からゲットしたんですが、
チャンスゾーンの入りとATへの入りが良かったんで少し粘ってみると設定6確定演出が来たのでラストまで回したわけですが、
この機種をやってみたのは、6号機でお小遣いゲットできるかどうかをテストしてみたくてやったのですが、
周りの挙動を見ていると設定4以下は難しいのではないかと思いました。

ちなみに収支は、11万位の純利益にはなったのですが、
これは、北斗揃いをゲット出来た恩恵もあり、これを引けてなかったら数万円少ないと感じました。
常時、設定6の台をお店が置いていれば設定を見抜けるという恩恵もありますので、いいでしょうが、常時はまず置かないんでは無いかと考えています。

その一日以外は、やってないので人のデータを参考に設定の入れ具合を見ていますが、
多分、設定5が最大と思われます。
次のイベント日にどうなるか要チェックですので、また報告いたします。

今回はここまで、

ちなみに今回設定6を確認出来た演出は添付画像の
設定5か6と言われていた虹色トロフィーと修羅モード選択時に出る偶数設定示唆のヒョウの数で判断できました。
現在は、公式の出現率が発表されたのをみると
虹色=設定6確定という事ですので、偶数設定を確認する必要はありません。
バジリスク絆で、弦之介選択時のバジリスクチャンスでの3ベルと同じという事になります。















 

パチンコ店の検証18!!

2019/11/05 22:38:43|コメント:0件

  • パチンコ店の検証18!!

ブログ2投稿になったんで久しぶりのパチンコ店検証投稿になります。

前回の17で通常の狙い込みを書きましたが、
通常の狙い込みとは、
ホールコンピューターで収支率の設定をしていないお店の事で
今は、ほぼ収支設定をしているお店がほとんどと思いますし、
おまけにソフトを入れているかリアルタイムで台をあけなくても設定変更が出来る仕組みが導入されているので
今回はその事を書いていきます。

ホールコンピューターが以前は、あまり絡んでいないホールを行っていてきちんと計算して収支をあげていた方も
いると思います。
わたくしが以前行ってたホルコンが絡んでいない純然たる設定でやってたお店は、土佐道路のマルハンでした。
ホルコンによる操作=遠隔操作が無ければ、きちんと勉強し図ってやると週ごとの収支はプラスになっていたでしょう。
ちなみに今は土佐道路のマルハンさんは設定だけでなく、ホルコン操作を導入しましたので、通常のやり方は通用しません。
以前は、設定だけでやってたのが急に変わると当然、全然違ってくるので遠隔に気が付き客離れが大きく発生します。

客離れが発生すると台の回転が回らなくなるので、わたくしが今回のブログから書いていく
データを利用してのホルコン作戦が通用しなくなります。

ホルコンによる収支設定とリアルタイムで設定変更している台を狙って行くので
当然、回転数が回っていなかったら火傷しますので、触りませんね。
ホルコンが効いていない台なら、わたくしクラスになると少し回したら高設定か低設定かの振り分けくらいは体感でわかるんですが、ホルコン管理なら結構騙されちゃいます。
子役率、連荘率、ハマり率などざっと計算してもまず、4以上はあるとわかってやっていても
急に低設定に落ちたり、高設定のままで無抽選状態になったりとなかなか操作してきます。
もう一つは、出枚数上限設定で例えば2000枚が上限ならそこに到達すると
そっから何時間打ってもだらだらか
2000枚食われて、0点から2000枚近くに連荘し高設定演出を繰り返します。
もしくは、レギュラーばかりで0点近くまで下がって行くが挙動は高設定のままってな挙動の台が多くなります。
なぜ、こういった手法を取るかと言うと
空き台を少なくするという事でしょう。
また、リアルタイムで設定変更するのは、今まで低設定だったのが
急に高設定に変わったりするので、一般客も回したりして先に書いた空き台を少なくし、台ごとの回転数を毎日保つためと思います。

バジリスク絆って台の例を出すと
バジリスクチャンスで弦之介を選択し、バジリスクタイムに入る時に
6回目のベルや3回目のベルで入ると高設定確定という演出もあります。
ちなみに6回なら4以上、3回なら6が確定します。
当然、上記の演出が出ると知識がある人なら何万掛かってもやめませんよね。
わたくしもこの挙動で何回かやられちゃいましたが、今は、騙されません。
ようは、高設定演出を出してもホルコンにより上限が止められていて
継続しない様になっているんでは無いかと考えています。

こんな挙動があるので、ホルコンがきついお店では、AT・ARTは触らない方がいいでしょう。

ホルコンの攻略は、Aタイプ特にジャグラーシリーズを狙って行きます。

次回からその手法を書いていきます。