店長ブログ

わたくしが思う最高の味噌!!

2019/02/22 03:35:50|コメント:0件

  • わたくしが思う最高の味噌!!

皆さん、お味噌汁は好きですか!!

僕は、ほとんどのお味噌汁は美味しいと思った事が無いんで好きなのかどうか・・・

自宅で作る味噌汁も日本全国有名処をほぼ購入して作って貰ってますが、
どこかインパクトに欠けます。
ただし、アサリとかハマグリ、松茸、根野菜の味噌汁などはその素材の味が強いので味噌自体がイマイチでも美味しく感じます。
根野菜の味噌汁は酒粕の粕汁と同じく根野菜と旨味と豚肉などのダシも出るからこれまた別物!!

純粋な味噌汁で冒頭で殆どと書いてますが、美味しいと思った物もありました。

10年位前にどっちの料理ショーという番組が放映されてましたが、ご覧になられてた方はいらっしゃいますか。
僕は、2品対決式のこの番組が好きで番組内で放映された2品を注文し食べてきました。
中にはエッって思った品も実際多かったんですが(;´∀`)

その時の一つに味噌対マヨネーズってありまして、
軍配は味噌!!
その味噌が大分県杵築市の綾部味噌の1年熟成麦味噌でした。

この時もスグに取り寄せ食べてみましたが、正直、過去最強でした。

1年熟成麦味噌は、磨り潰しと大豆がそのまま残った物の2種類ありますが、テレビで報道されたのは粒がそのままの物で両方食べてみましたが、やはり粒が残っている方が風味豊かでした。

その後、いろいろ取り寄せて食べてきましたが、綾部の味噌に勝てる物は存在しませんでした。
勿論、出先の食堂、一品料理屋、料亭なども含めてです。
綾部の麦味噌の味は、甘味は全くありませんが、独特の風味が僕的には最高です。
中には、苦手という人もいると思いますが。

という事で今回、数年ぶりに綾部味噌さんに電話をして
1年熟成麦味噌の粒入りを仕入れる事にしました。
スタッフ、女の子で食べたい方はいつでもどうぞ!!

もしかしたら、まだ食べたことが無い味噌も多いと思いますので、美味しいお味噌知ってる人がいたら教えてくださいね!!













 

年末年始の休業日のお知らせ!!

2018/12/29 04:39:05|コメント:0件

  • 年末年始の休業日のお知らせ!!

本年残すところあと僅かとなりました。

皆様には日頃より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

来年も、お客様によりご満足頂けるサービスを提供出来るよう誠心誠意努力する所存でございます。 



平成30年12月31日(月)~平成31年1月3日(木)までは年末年始休業とさせて頂きます。

新年は平成31年1月4日(金)より営業いたします。

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

今後とも変わらぬご支援を賜りますようアモーレ一同心よりお願い申し上げますm(__)m


 

至高のキーボードの軸!!

2018/07/19 23:06:46|コメント:0件

  • 至高のキーボードの軸!!

過去の投稿ブログでご紹介した高級キーボード・ヴィンテージキーボードって言っても
高品質な打鍵感を生み出す要はキートップの材質、マウントの種類、軸です!!

キートップは大きく分けてPBT樹脂とABS樹脂でメーカー側のキー印字の自由度はABS樹脂ですが、打ちやすさと耐久性は圧倒的にPBT樹脂となります。
PBT樹脂は、プラスチック特有の経年劣化によるキーの黄ばみは全く起きないのも大きなメリットの一つです。

マウントは鉄板に軸をのせているのが鉄板マウント、基板やプラスチックのマウントに付けているのがPCBマウントと言います。
打鍵感は、一概にどちらがいいとは言えず、軸との相性があります。
安定性は鉄板マウントの方が重量が重くなるのでデスクトップパソコンなどで移動させないキーボードでは圧倒的に鉄板マウントのメリットが際立つでしょう。

そして、軸ですが、メカニカル、静電容量、メンブレン、バックリングなど色々ありますが、
メカニカル、バックリングがやはり僕は好みです。

バックリングは、IBMのモデルMや002やA-01に代表される5576系のキーボードで、現代のキーボードでは仕様がありません。
メカニカルは現代のキーボードでも仕様があります。
現代のメカニカルと言うとcherryMX軸が有名で後はゲームユーザーに好まれるLaser社のキーボードで使われている中華メカニカルですが、これは微妙です。

今回ご紹介するキーボードの軸は、1988年製造のAlps電気株式会社のAlpsメカニカル軸!!
この軸は世界中のマニアも多いメカニカルの中で最強軸と言っても過言ではないです。
Alps社は、キーボードのコストカットの波が来た時に軸製造を撤廃しましたので、今となっては入手は非常に困難で、その困難なAlps軸の中で特に困難な軸のひとつの黄軸です。

Alps軸といっても種類がありまして、
リニア特性の緑軸、黄軸、茶軸、
タクタイルフィールの黒軸、オレンジ軸、ピンク軸、
クリックフィールの青軸、白軸、
があります。

この特性も好みがわかれリニアのストレートな押下、クリックの打鍵音とカチッとした指先への感触で接点到達を知らせる押下、そしてその中間のタクタイル、
今回の黄軸はリニアで、この3種の中での僕の好みはリニアです。

所有しているCherry赤軸と黒軸もリニアで、今回仕入れたPC-9801-114に付いているAlps黄軸と打鍵感を比べると正直、Cherry社の軸はAlps社の足元にも及んでません。

これぞ、至高の軸、メカニカルのリニアフィール最強ではないでしょうか!!

また、PC-9801-114
の作りもコストカットの波が来てない時代のキーボードなので、コストカットが主流の現代のキーボードとは全然違い最高で最高同士がペアになり至高の打鍵感を生み出しております。
本体、軸、基板も全て信頼安心安全のmade inJapanも最高です。

これがPC-9801-114とAlps黄軸の奏でる素晴らしきハーモニーです!!

最高の底打ち感、何とも言えない至高の打鍵感、グラツキの無いキートップ!!

しかし、このキーボードはPC98なんで専用端子となっておりますので、そのままでは現代のパソコンには接続できませんので動画後半で説明している変換を噛まさないとキー配列も違う為に認識しませんので、手に入れられる方は注意が必要です。

それと、メカニカルですから、数年に一回メンテナンスをしてあげると至高の打鍵感が復活します。
Cherryは分解するのに基板からハンダをはずしてスイッチを分解しないといけないので面倒ですが、
Alpsはキートップを除けて軸を出すとそのままはずす事が出来ます。

軸は、キャビネットとスライダー軸、コイルスプリング、板バネ、接点に分かれてますので
キャビネットとスライダー軸にキーボード専用の潤滑剤のスムースエイドを塗ります。
スムースエイドは2度塗りが基本ですので、面倒ですが、仕上げた時の打鍵感は極上となり最適解へと導いてくれるでしょう(^^)









 

温泉旅行♪

2018/07/03 03:13:12|コメント:0件

  • 温泉旅行♪

日曜日は添付画像の桑田山温泉に1泊で温泉旅行を
愛しのなみちゃんとみつはちゃんに連れて行って貰いました(^^)

土曜日の営業終わりから出発して桑田山温泉行く前に須崎のまゆみの店でなべ焼きラーメンを食べてから行ったんですが、
鍋焼きラーメンは、橋本派とまゆみ派に分かれると思いますが、僕は断然まゆみ派です。
ここのラーメンは食べ終わるとスープを残しておいてご飯を入れてゾースイも頂けますので2回楽しむ事が出来ます。
彼女たちは鍋焼きラーメン食べたのが初めてで美味しかったと喜んでくれました(^^)

その後、須崎市内のお洒落な喫茶でコーヒータイムして1時間ほどパチをしてから桑田山に向かったんですが、優しき彼女たちのプレゼントのお部屋は桑田山温泉の1番豪華なお部屋の離れ宿、和を取ってくれてました。
ホテルで言うとスイートルームです♪

写真は全部取れてませんが、洋室、和室、庭園を眺めながらくつろぐ部屋と添付画像の一番下の階段を上がって入る洋式のくつろぎルーム、中は高級ソファーやワイン用の冷蔵庫などがあって上階から眺めを堪能しながらワインなどを頂く部屋になってました♪
部屋に露天風呂も設置されててお湯は源泉が引かれてました♪
大浴場も写真1番上のグットな雰囲気で森林浴も同時に堪能出来たり室内風呂から露天風呂に行くのにはプチ吊り橋を渡って行くのも他の温泉には無い趣向でした(*'▽')

それと温泉旅館と言えば夕食ですが、さすが離れのお食事、レベルが違いました♪
朝食も豪華で朝からお茶碗4杯食べちゃいました(*´з`)

高知で近場ですがここの温泉は、オススメで行くなら泊まりの離れ宿でしょう!!

しかし、なみちゃんとみつはちゃんに松葉川に引き続いて桑田山温泉連れて行って貰いましたが、理由は激務の疲れを癒して下さいって理由でプレゼントしてくれたんですが、こんな他人を思いやれる性格の良い女の子って他店にはいないでしょうね。
性格の良さは接客の本指名率に結び付きます。
これは、今迄データを取って来てますが、比例しています。
性格が崩壊した人は容姿端麗でも本指名は取れてません。
まぐれで取れても単発ですね。

彼女たちは同じユーザーの本指名率が2桁のロングユーザーがほとんどですが、なすべくしてなる結果でしょう。

本当に素晴らしい女の子達がアモーレに集まってくれて感謝々ですm(__)m

なみちゃん♪みつはちゃん♪
温泉旅行のプレゼントありがとうございましたm(__)m





 
  • 昔の最高級メンブレン鍵盤と現代の最高級メンブレン鍵盤!!

キーボードの種類は、
メカニカル方式!
静電容量無接点方式!
メンブレン方式!
パンタグラフ方式!
バックリングスプリング方式!
となっています。
メカニカル=静電容量=バックリングは上位となり
メンブレン、パンタグラフは下位と位置づけされてます。
パンタグラフ方式はノートパソコンなどのあのペチペチの分です。

メンブレン方式は、パソコンに最初からついているキーボードや3000円未満の安物キーボードのゴムゴム感の強いタイプです。
しかし、価格は高くなりますがメンブレンでも高品質な打鍵感のキーボードは存在します。
今回、仕入れたWINDOWS95時代はメンブレン最強と言われた
NMB(ミネベア)RT6652TWJPと
現代の最強メンブレンと言われる
富士通コンポーネント リベルタッチFKB8540
がそうなんですが、網膜接点なんでメンブレンに位置付けされてますが、仕組みを見ると両機ともほぼメカニカルって言っても過言では無いでしょう。

これが、両機を比較した動画です。

前半は両機の打鍵音の比較、動画後半に軸を取り外しスライダーを見せてますが、安物メンブレンと違いスライダー、レール、キートップ、本体共に別パーツとなってます。
そして両機ともにマウントも鉄板マウントとなっており、打鍵に全くゴム感はありません。
安物は網膜接点同士が重なり合うだけの作りでキーを打つとゴムを押しつぶした感触が指先に伝わり打鍵感も非常に悪くキーも一番下まで打ち込まないと認識しません。
長時間安物メンブレンを使っていると非常に指先が疲れますし、高級キーボードを使ってしまうと打鍵感の違いから打ち込み作業をやるのが嫌になってきます。

今回、ミネベアのRT6652TWJPを仕入れたのはビンテージメンブレンでは最強と呼び声が高い機種なんで一度打鍵してみたいという衝動とリベルタッチと比較したくて仕入れました。

ちなみにRT6652TWJPは、熱狂的な愛好家が多いのでも知られています。
ミネベア自体キーボード業界から撤廃してますので、現代ではパソコンショップで新品なんかを仕入れるのは不可能です。
そこで愛好家や高級キーボードまでは手が出なくても使いやすいキーボードを求めていた人は、ミネベアが業界から撤廃すると知るとRT6652TWJPを何枚も買い込んだと聞きます。
RT6652TWJPは、RealforceやHHKBなんかと比べると価格もリーズナブルで打鍵感が良いとなるとミネベア愛好家以外にも他の打鍵感が良いキーボードと比較するとコストパフォーマンスが良いので買い込んだ人がいるのもうなずけます。

僕的には両機比較するとリベルタッチに軍配があがりますが、値段はRT6652TWJPの倍以上、リベルタッチはしますのでコストパフォーマンスを考える方なら上記に書いた通りミネベアRT6652TWJPを選ぶでしょう。
ちなみに僕の場合は、キーボード収集家でもあるので値段に糸目は付けませんので、
事務所のキーボード棚においてあるキーボードで恐ろしい値段するのも数種あります(;´Д`)

探すの手伝って貰ってて、いろんなサイトやオークション、セカイモン、秋葉や有名パソコンショップなどを探しても手に入らないのがわかっている、なみちゃんやみつはちゃんは身に染みてわかってるでしょうが、鍵盤史上最高品という機種も事務所には多数ありますので
上記のミネベアRT6652TWJPを含め打鍵してみたい女の子やスタッフは是非堪能しにきてください!!