店長ブログ

  • 快適な作業効率の為にトラックボールを考える!!

パソコンユーザーさんは殆どの方がマウスを使ってると思いますが、トラックボールはどう思いますか!!

トラックボールも親指操作型、中指操作型、手のひら操作型大きく分けて3種類ありますが、僕は、手のひら型を選択してます。

実際、トラックボール使い始めたのは最近なんですが、親指操作型と中指操作型はマウスの横におまけでついているのが殆どで専用で使うなら手のひら操作型のトラックボールの方とマウスを個別で使い分けた方が使いやすとは思います。

あくまで僕の見解ですが!!

それと、作業内容によりキーボードの右側、左側など好きな位置に移動できるのでワイヤレスを選択した方が作業効率がいいと思います。

普段の使い方はキーボードの左側にトラックボール、右側にマウスもしくは通常の操作だけをやる場合はトラックボールの方が腕を動かさなくていいんで楽なんで右側にトラックボールを置いています。

画像、映像などは上記の両使いでやっています。

ちなみにペンタブは使ってませんが、これも使っている方もいるんでメリットあるんでしょうね。

僕はペンタブ使ったときはイマイチって感じましたが使いこなせていないだけでしょうね。

ちなみにマウスはSteelSeries Sensei ワイヤレスレーザーマウス62250ってのを愛用していますが、かなり使いやすく設定も何種類か登録できて細かく変更できるのともしもの時に有線でも使用出来るんでお勧めです。

トラックボールの機種を厳選すると、ワイヤレス、ボールが大きい方が操作性がいいんで大きいボール、信頼性のあるメーカーなどですかね。

トラックボールで信頼性のあるメーカーはこのデバイスで老舗である、ケンジントンでしょう。

大きいボールは手のひら操作型しかないですが、元々ぼくは手のひら型が使いやすいんで悩む必要無しでした。

して、厳選したトラックボールは、ケンジントンエクスプローラーワイヤレスK72359JPを選びました。

ケンジントンは、他に代表的な3シリーズがあり、スリムブレード72327ってタイプとエクスプローラー64325ってタイプがあります。

スリムブレードは一見使いやすそうですが、クリック感全然よくない、操作性もイマイチでした。

でしたって書いたのはもう手放しましたが元所有者でした。

という事で他の二機種から選択した方がいいと思います。

場所を移動しないんでワイヤレスは必要ないって方はエクスプローラー64325の方がリーズナブルでいいでしょう。

トラックボールの色と手触りは違いますが、使用感・操作性はワイヤレスもエクスプローラーもほぼ同じです。

快適な作業効率でトラックボールとマウスの両刀使いはお勧めそして、トラックボールのメーカーは自信をもってケンジントンがお勧めですよ♪

スタッフや女の子達で悩んでるかたは事務所に来たら使用感体感出来ますので是非、どうぞ!!






 

車のメインパネルのビックリマーク!!

2016/06/10 05:17:07|コメント:0件

  • 車のメインパネルのビックリマーク!!

添付画像がそうですがマイカーのメインパネルのビックリマークとABS以上サインが点灯していたのでビックリ!

このビックリマークはエンジン再起動で点灯しなくなったんですがハイブリットシステムは複雑なんでもしもの為にディーラーに電話!

持ち込んで
OBD端子からコンピューターを繋いで履歴をとってもらうとセンサー連携異常が一瞬出ていたそうですが、その後は正常になっているらしいんですが、新車保証中なんで一式新品に部品交換して頂きました。

ハイブリット車は、ディーラーのサービスさんでも難解な事が発生するんで???な状況に陥るとの事!

僕も結構車弄りも得意なんだけど、過去にこのマイカーで電気系統でマイナスコントロール作っている時にボディタッチしちゃってヒューズ飛ばした事あるんだけどヒューズ探すのにも常識外れの部分が飛んじゃってました。

ちなみにボディタッチでヒューズ飛ばした時の症状はアクセサリー系の点灯不良です。

車のヒューズ交換した事ある方なら簡単じゃんって思われるでしょう。

しかしハイブリッド車は違うんです。

アクセサリー系での飛ばしで症状もアクセサリー電源の不点灯なで、アクセサリー系のヒューズが常識でしょうが、ヒューズボックスのアクセサリー電源至って正常でした。

しかし、点灯しないしヒューズボックスを全部見ても全て導通してます。

その時もギブアップでディーラーに行きサービススタッフもわからないとの事で配線図を見ながら追っていくとなんとエンジンルームのヒューズが飛んでました。

通常の車と違って大変複雑で、今迄の常識が通用しませんので配線図がないとヒューズ交換でも難解です。

ちなみにディーラースタッフ言うには、車内のオプションのアクセサリーパーツを取り付けると車が動かなくなりヒューズは勿論全く飛ばなかった事があるそうです。

その時は、どうなってたかというとボディコンピューターが飛んだそうです!!

ヒューズの意味ないじゃんって思いましたが・・・

ハイブリット系の車乗られてる方でご自分で弄られる方は、慎重にやりましょう。

アクセサリーランプなんかを追加しててスイッチをショートさせてしまうとヒューズの恩恵が得られない時があるという事です・・・

ちなみにセンサー一式新品にして貰って異常は無く快適に運行出来てます♪



 

メンブレン仕様最高のキーボード!!

2016/06/09 00:28:24|コメント:0件

  • メンブレン仕様最高のキーボード!!
  • メンブレン仕様最高のキーボード!!
  • メンブレン仕様最高のキーボード!!

キーボードの種類は過去投稿のブログで説明した通り数種類あります。

メンブレン・バンタグラフ・静電容量無接点方式・バックスプリング方式・メカニカル方式

この5種類が主ですね。

して、パンタグラフ・メンブレンは、悪い言い方をすると安物で今まで使ってきた使用感をいうと使いぬくいです。

他の方式は値段は張りますが抜群の使用感です。

パンタグラフはノートパソコンで使用されている方式で薄くてペチペチした打鍵感で静電容量無接点方式、バックスプリング方式、メカニカル方式を使うとわかりますが、打ちにくくて使えなくなります。

メンブレンも同じくで、デスクトップパソコン購入すると付いているキーボードです。

接点となるのがゴムのパーツで構造が簡単なので、追加でキーボード買うとしても高くて3000円未満なんで安価です。

メンブレンは使っているとゴム接点が摩耗し耐久性悪く、打鍵感もフニャフニャしてしかも重いので最悪です。

静電容量無接点方式、バックスプリング方式、メカニカル方式を使うと使いずらく身体が拒絶してしまいます。

しかし、キーボード好きな仲間とやり取りしててメンブレンと銘打ってますが、静電容量無接点方式のリアルフォースと同じくらいもしくは、それ以上使いやすいキーボードがあると教えて貰ってました。

最初は、メンブレンごときってバカにしてましたが、使用感を聞いていると脳裏から離れなくなりました。

その後、このメンブレンキーボードを出している富士通に直接電話をして長い時間やり取りしました。

富士通の専門の方は、やはりマニアックな方でリアルフォースに負けない自信があるとその使用を全て比較説明して頂き僕もキーボード詳しいので質問も投げかけてやり取りし彼の説明を聞くとこのキーボードが欲しくてたまらなくなりました。

キーボードの説明の中で富士通さんからメンブレンはどう思いますかって質問をされた時にゴムに接点シートを付けた打鍵感、耐久性を全く考えていない安く提供する事だけを考えた製造コストを抑えただけの作りって答えました。

すると担当さんは、普通のメンブレンと違いメカニカル方式の様にキー一つ一つを接点独立させていてその押下荷重もラバードームで35グラム・45グラム・55グラムから変更可能で、キーそれぞれ個別にバネを採用していますって事で、しかもその担当さん色は白と黒がありますが、キートップの印字方法から白の方がおすすめですって事でした。

まさにチェリー軸やアルプス軸の様なメカニカル方式じゃないかって思い、もはやメンブレン方式とは違うし、この仕様なら名前が悪いって思いました。

メンブレン仕様って聞くと値段は高く破格値です!!

富士通さんの中でこのあたりに気付く方がいないんでしょうかって思い仕様名を変えたら市場の流通量が違ってリアルフォースに十分対抗できるのにって思いを抱きましたが・・・

当然、僕はこのキーボードを購入しまして本日到着しました♪

色は富士通さんお勧めですし富士通なら当然、白でしょう。

日本のメーカーが作っているのでキートップに日本語かながはいってますがおかしくは無いですね。

その他のキーボードは全て仮名無しなんでその他のキーボードと並べるといろんなバリエーションとなりキーボード台にも似合ってます♪

この富士通のメンブレンキーボードはリベルタッチという名前です。

添付画像をみたらわかりますがまず外観。

いい意味でも悪い意味でも富士通キーボードらしいレトロ感も高級感は一切無いあっさりした普通のキーボードです。

アルファベットのLebertouchってイニシャルが唯一洒落ている所でしょうか。

ロゴ右脇の謎のスペースがありますが何なんでしょうか・・・

今度、富士通さんに聞いてみようと思います。

ちなみにこのキーボード重さが1.6キロ近くあり高級キーボードの条件である重量があり低重心で安定性を保つ為に中に鉄板敷き詰まってます。

リアルフォースよりも100gほど重い。

見た目と重さが合ってないのでハイっと手渡すと落としそうです。

キーボードの端もって持ち上げると筋トレ出来ます!!

キーの角度はキーによって角度が違い打ちやすさを追求したステップスカルプチャー方式でキー角度最高♪

スペースキーだけ高さが高くこの辺りも考え抜かれていまして非常に打ちやすいです♪

上記に書いている通りこのキーボードは最高級のものですが低価格の代名詞メンブレン方式です。

メンブレンといっても普通のメンブレン式とは全然違い真ん中にバネが入っていて取り換え可能なラバードームが施されていて添付画像を見るとわかりますが全然違います。

キーの下部接点だけメンブレンシートですがこれは富士通独自のリベルタッチ式と言ってもいいでしょう。

リアルフォースもそうですがスペースキーやエンターキーなど大きいキーにスタビライザーの針金が無いんですがキーの端っこを押してもスムーズに下降して作りは最高で使用感はやはり高級キーボードです。

キーの表面と印字方式はリアルフォースと比べると劣りますがキー外すとものすごい高級キーボとよくわかります。

そしてこのキーボードにはたくさんの付属品が付いていて交換用ラバー35グラムが15個、55gが15個。

専用のキー引き抜き工具と保守用スプリング、説明書にキーの引き抜き方が書いてあり工具まで入っていようとはこれはキーを外してカスタマイズ前提で作っている商品ですね。

この三種類のラバーにより自分好みのキーの重さにカスタマイズできるということ。

僕はデフォルトの45グラムで他の荷重はリアルフォース30グラム持ってるんで変更しません。

ちなみに交換用といっても15個ずつしか入ってないから足りないんで交換される方は交換用ラバーは別売りで50個約2500円なんでキートップすべて変えると7500円と普通のメンブレンキーボード4個買える値段で高いです・・・

して、打鍵感ですが、いいですね。

タクタイル感も出ていて、下記のリベルタッチの箱に書いているタイピングに限りない心地よさをって言葉通り言う事無しです。

ちなみに僕は、45グラムのリアルフォース欲しかったんですがこのリベルタッチで大満足!

これで、重め、軽め、クリック感、リニア感、全てのキーボードを使い分けることができます。

富士通のライバルであるリアルフォースと比べてどうかは、僕はリアルフォース30グラムしか持ってないんで完全な比較はできませんが、負けず劣らずでは無いでしょうか。

しかし、45グラムのライバル同士実機で比べて見たいって脳裏に刻まれました・・・

アルプス軸も欲しい、リアルフォース45グラム定荷重白色も欲しい、マジェスタッチ2のチェリー茶軸も欲しいってなってます!!

技術力世界トップクラスの日本の誇るメーカーであるアルプス軸は現行機は無いんであるルートで仕入れる手はずは数週間前にしています。

もはや、キーボード中毒です。。。

富士通さんは是非、名前をリベルタッチ方式と名称を変えることをお勧めします。

今のままでは、いくら打鍵感負けず劣らずでも

静電容量無接点方式、東プレリアルフォースには販売台数は叶わないと思います!!



 

マーガレットさんの言葉から感じる事

2016/06/08 21:12:49|コメント:0件

  • マーガレットさんの言葉から感じる事
お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちになりません。
(マーガレット・サッチャー)
 
ネットサーフィン中に見つけた、イギリスの政治家であった、マーガレット・サッチャー氏の名言です。
 
いろんな意味で、考えさせられる言葉です。
 
わたしが、この言葉を読んだときに感じたことは、努力を惜しまず、泣き言を言わず、マイナスの事もプラスに転換して考える事の出来るポジティブな考え方だと思いました。
 
人それぞれとり方がありますので、あくまでも経営畑が長いわたし自身の思い浮かんだ考えですが、例えば、注意をした時にその注意された事を受け入れプラス思考で取り入れる人と言い訳をして責任逃れをする人といます。
前者の方は、伸びますが、後者の方は、進歩が見受けられない方がほとんどでした。
 
また、わたしたちの業界も数年前と違い、利用者は、激減しております。
 
しかし、この事を景気が悪いから仕方が無いと取るのか、今のこの現状を打破する戦略を立てながら歩んでいくのか。
どちらが間違った考え方というのは、ありません。
 
わたしの場合は、後者の考え方です。
 
失敗したこともプラス転換し、失敗したことを自分の成長の糧と考えることは、自分自身が一歩前進したことになるという事、また、今のマーケティングの状況をどう打破するかを考え実行する事で成長しますよね、それがわたしが後者を選択する理由です。
 
これを販売会社の営業マンで例えると売れないのは景気が悪いためで、自分は、一生懸命、営業しているので、結果が伴っていないのは仕方無い。
しかし、出来る営業マンなら、この商品を買うことにより会社の経費削減になるなど利益の強調を説明したりし相手に購買意欲をそそり満足感を与える戦略など営業戦略を真剣に考えて実行します。
 
わたしたちの仕事でいうと仕事は、お店が入れてくれるもので自分は、単に接客をすれば良い。
確かに間違った事とは言えないかもしれません。
 
しかし、稼げる女の子は、考え方が違います。
1時間に13000円もの金額を払って来て頂いたお客様に対価に見合うサービスをしようと心掛け満足して帰っていただこうと努める事により、結果、再指名にも結びついたり、他の女の子にもバトンが渡ります。
 
また、初めての指名客をとる為でも心構えが違います。
例えば、自分をライバルよりも売り込む素材、例えば写メ日記を人の興味を引く事を研究して(ライバルのブログを熟読し参考にする等)書く、または、写メ日記添付の写真を日記でしか見れない自撮り写真を掲載したりし試行錯誤を繰り返します。
 
当然の事ですが、稼ぎにやる女の子、やらない女の子で全然違いが出てきます。
 
やるやらないは、どちらが正しいは、ありません。
 
また、どちらが悪いわけでもありません。
 
マーガレット・サッチャー氏の名言から、人それぞれ取り方感じ方が違うでしょうが、経営者である、わたし自身が、感じとった事です。




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚


『求人に関するお問い合わせ』
求人のお電話 
090-9776-3932
090-9776-9304


求人のメールアドレス 
kochi-amore@ezweb.ne.jp
info@kochi-amore.com


LINE(ライン)IDkochi-amore
お問い合わせはお電話・メール・ラインどちらでも可能です!
ラインは、上記IDをクリックするとお友達登録出来ます!
           
求人専用ページ
(パソコン・スマートフォン)
http://www.kochideli-recruit.com/

モバイル求人専用ページ 
http://www.kochideli-recruit.com/i/

営業用オフィシャルHP
(携帯・パソコン・スマホ)対応
http://www.kochi-amore.com/
 

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.
 
 
 

グラフィックカードの検証結果!!

2016/06/08 21:11:34|コメント:0件

  • グラフィックカードの検証結果!!

一か月位前からグラフィックカードの検証しててやっと決まりました!!

考えてたグラフィックカードは、Gフォースとラディオンとクアドロでした。

有名なラディオン、Gフォースは自作パソコンユーザーは勿論の事パソコン齧りたての方もご存知の方は多いですね。

この三種のグラフィックカードの違いを説明すると

ご存じの方が多いGフォースはユーザーが圧倒的に多くパソコンゲームの一般ユーザーでして2番手がラディオンですが1番と2番のユーザー数は大きく圧倒的なユーザー数をGフォースは誇っています。

ラディオンとGフォースは同じ一般ユーザー向けです。

ちなみにゲームで使うならGフォースの方がユーザーが多いのでドライバーの不具合の報告などからも更新が頻繁にありますので、安定性=ドライバーの更新頻度といえるので、Gフォースを選ばれた方がいいでしょう。

僕が実際に描写させて最終的に選んだのが、クアドロという業務向けのグラフィックカードです。

それぞれの用途でビデオチップに求められる性能や機能等が違います。 

Gフォース・ラディオンとクアドロの主な違いはドライバの対象の違いで、グラフィックカードにのっているビデオチップは、ドライバで制御されているのでビデオチップの性能や安定性は、ドライバによって左右されるというわけです。

Gフォース、ラディオンのドライバは、主にパソコンゲームの使用を目的に最適化されてて、クアドロは、主に業務用に使われる動画編集用のソフト、画像編集用ソフトに最適化されています。

共にグラフィックス処理は必要なんでGフォースはダイレクトXに最適化されていてクアドロはハード・ドライバーともにオープンGL及びそれを使ったアドビ等のプロ用アプリケーションソフトに最適化されています。


簡単に説明するとダイレクトXは、一つの決まり事の中でプログラム及び環境を作っていくので中身は特定メーカーしかわからないというワンマン的な技術で必ず特定のソースでプログラムを構築しないといけません。

一方オープンGLは、読んで字のごとくオープンでダイレクトXの反対で各メーカーの独自改良が可能ですので、競争しながらまた、他社の良い部分を取り入れながら進歩していけますのでレベルの高い技術を提供できるメリットがありますね。

だから、業務系はオープンGLに特化した方が当然いいでしょう。

反対にゲームはソフト、ハードが各メーカー入り乱れておりますので一つの決まり事の中でやらないと不具合の雨あられになりハードも相性問題が出まくりになるでしょうね。

上記の問題があるのでGフォースやラディオンは ゲームを得意分野する目的で高速処理をし、クアドロでは動画編集用や画像編集用を得意分野として高速な処理と描写を実行するようにそれぞれが分野が違うわけです。

という事で、ゲームソフト及びハードメーカーはGフォース、ラディオンを推奨し、画像、動画編集ソフトメーカーはクアドロを推奨グラフィックチップに指定しているのです。

という事でゲーム系はゲーム分野のソフトウェア認証を取得し互換性を確保し、業務系はその分野のソフトウェアの認証を取得し互換性を確保しているのです。

業務用に使われる動画、画像編集用ソフトには、作業効率を向上させる機能、上記に書いたオープンGLなどをもちいてクアドロは対応しているのです。

ゲームの方も当然同じくですが、

まず、今僕がやっているマルチディスプレイで比較するとクアドロは、モザイク技術といってマルチディスプレイ環境を強力にするのが特徴で、最大8画面のマルチディスプレイ表示が構築出来ます。 

Gフォース、ラディオンは、サラウンド技術といって、こちらもマルチディスプレイ環境を構築出来ますが最大3画面まで!

色深度の違いGフォース、ラディオンは、色深度RGB各色8ビットのカラー出力に対応で、クアドロは、色深度RGB各色10ビットのカラー出力に対応します。 

という事でGフォース、ラディオンはフルカラーで約1677万色で再現!

クアドロは、ディープカラー、約10億6433万色を再現!

だからクアドロは滑らかなグラデーションや自然に近い色を再現出来るという訳です。

同じモニターで見ると描写力の違いは一目瞭然ですって書くと僕のやりたい方向から見た偏った考え方となりますが、

クアドロとGフォース、ラディオンの使用用途の違いから、パソコンゲームに使用するならGフォース、ラディオンで、動画編集や画像編集に使用するならクアドロの方がいいという事です。 

パソコンゲームも動画、画像編集にも両方使いたいって人は当然いると思いますが、優先する方を考えて選ぶしかないでしょう。

一つで両方やろうとすると優先しなかった方で性能を出し切れない、描写がショボいなど何らかの問題が生じるリスクは当然出てきます。

例えば、Gフォース、ラディオンでも動画編集画像編集共に出来ますが、使用するソフトによってはクアドロ じゃないと思うように作業の生産性が上がらなかったり、困難な不具合に悩まされる事が必ず出てきます。 

逆の場合も同様で、クアドロでもパソコンゲームを出来ますが、ゲームの種類によってはまともなプレイができない場合も当然あります。

別に推奨外のグラフィックを搭載しても問題は無いですが、当然やりたい事の性能差が当然大きく出るという事です。

例えを変えて書くとフランス料理を作るのに土木作業員が作ってもフランス料理を極めた料理人には腕もかなわない知識、道具も叶わないそして道具あっても使いこなす技量が違うという事で料理人が、土木作業をする事の逆も然りという事です。

当然、どちらの方も簡単な事は出来るでしょうが専門には結果がかなわないという事です。

ちなみに僕はパソコンゲームは全くやりません。

スマートフォンのゲームもインストールした事もないんで選びやすいですが両方やりたい方は、パソコンを別々にした方が望ましいでしょう。

という事で、僕は添付画像のクアドロにしました!

ユーザーが少ないんで自己検証苦労しましたが、苦労した甲斐があり最高です♪