店長ブログ

  • 美味しいお米を食べる為の炊飯器の選び方!!

美味しいお米を食べるならお米選び以外にも炊飯器は非常に重要です。

それは、前ブログの「美味しいお米の食べ方を考える」をご覧いただくとわかりますが、人それぞれお米の趣向があります。

ただし、趣向と言っても硬めが好きか軟らかめ好きかですが!!

米をこだわってる人は、上記の違いが主で、香り・甘味は強い方が好みではないでしょうか。

僕の好みは硬めなんで炊飯器の今のメインは三菱の本炭釜を使ってます。
ちなみにスチーム炊きで有名なパナソニックの現行機の3機種前の最上位機種も持っております。

三菱は他メーカーが最上位機種に取り入れている圧力式をあえて取り入れていないのは開発部の思い切りの凄さを感じます。
この機種の一押しの炊き方である芳潤炊きを使いお米を炊飯器任せで炊くと味は美味しいです。
※各メーカー炊飯器一押しの炊き方で炊く場合、炊飯器任せと書いたのは、お米を知っている人の基本の浸水、ザル上げなどをやると逆効果となるという事!
詳しくは「美味しいお米の食べ方を考える」こちらを熟読してください。

何故、炊飯器を研究しているかというと
美味しい新しい品種がどんどん改良され出てきたのと
三菱以外の各メーカーが圧力炊きにこだわり最上位機種の圧力IHの炊飯器に非常に力を入れている点、安定度よりもマニアックな美味しい炊き方が出来る機種を使ってみたいと思っている点からです。

で、その中でピックアップして調べてたメーカーは、
バルミューダ・象印・パナソニック・東芝・日立・タイガーです。

まずバルミューダですが、釜を2重にして釜と釜の間に水をいれて蒸気を間に噛まして炊き上げる点は、業務用炊飯器を扱って来た僕が考えると発想は面白いですが他メーカーの方式よりは火力が劣ります。
お米は高火力で炊き上げた方が美味しいというのはわかっているのでその点から劣ると考えるのと、保温機能が無い点も実用性が無くアウトとしました。
炊き上げ後、保温した状態で数時間後に比較するとお米の味はさらに顕著にあらわれますので、炊飯器の性能が物をいいますが仮にバルミューダに保温機能があってもこの方式では厳しいでしょう。
ここで圧力の事を説明すると圧力をかける事により水の沸点も上昇するのでより高温で炊飯でき各社の試行錯誤しているIHでの熱伝導方式、いわゆる釜の素材、釜の厚み、炊飯器の形や工夫による熱の伝わり方、IHの欠点のオンオフ時の温度変化を補う方法など試行錯誤しています。
従って、バルミューダの方式は理論的に考えるとデメリット以外に考えられません。

次に象印の最上位機種の特徴は、鉄を使ったスペシャリストである伝統工芸南部鉄器を使った羽釜でメーカー最大の1.5気圧の圧力と1450Wの家庭用電源で高火力を使って炊き上げます。
象印の凄いのは他メーカーと違いダイヤを塗っているとか銅、アルミを一部使っている、何々仕様にしていると違い素材から正真正銘の南部鉄器です。
釜の形も他メーカーと違い横に広く下部が丸みをおびて対流を起こしやすくしております。
南部鉄器は鉄なんでIHとの相性がよく熱変換は抜群で各メーカー素材では群を抜いて一番でしょう。
デメリットは横に広いんで炊飯器が大型になってしまう事と鉄なんで表面に塗布するフッ素コートがしっかり吸着しない為に剥がれからは逃れられないって点、釜が他の素材より格段に重くなり台所に立つ事の多い女性には釜の移動が手軽に出来なくなるって点でしょう。
しかし、上記のIHでの熱変換率・横に広い形状を利用して温度変化の低減、炊飯器の老舗象印の考えるお米の理想の対流、羽釜炊きの恩恵である、美味しいお焦げご飯も作れるお焦げ鉄器モードって機能まであります。
他メーカーにもお焦げモードがありますが、昔ながらの羽釜焚きに近いお焦げは象印の最上位機種が1つ群を抜いています。
家庭電圧で羽釜のお焦げが炊けるってのは=直火に近い熱量があるって事の立証です。
僕が持っている三菱もお焦げモードはありますが、お話になりません、色が少し付くだけです。
後、甘味の出し方も圧力炊きには三菱のIHは及びませんが三菱は硬焚きのこだわりと圧力によるどうしても米粒れが起こる点から圧力炊きを現時点で取り入れないって考え方です。
しかし、象印の最高機種に対する考え方はリスクを考えず最高に美味しく炊き上げるという考え方で、圧力とIHによる理想の熱伝導を場所を占有してしまうというのを無視した横長の釜形状、重量も他の素材から比較すると遥かに重くなる鉄を選び、IHとの熱伝導率を優先し早い段階でフッ素剥がれによる使用ユーザーからの苦情出る事も十分考えられるのを無視しての素材選びは、あくまで最上位機種は味を追求するって点にこだわった素晴らしい考え方だと僕は思います。
また、他のメーカーは新しく品種改良された米の種類に応じた米炊きプログラムを組み込んでいるのに対し、象印は人工知能AIといってユーザーで炊飯器に教えていくユーザー独自の炊き方を設定していく仕様にしているなど総括すると僕の考えるマニアック炊飯器としては一番理想に近いかもわかりません。
※ただし、ご家庭のある方は場所を他メーカーよりも広く取る点、鉄の重量から5.5号までしか選択出来ない点、丁寧にあつかわないとすぐにフッ素剥がれがおきる点、女性には釜が重すぎる点は一般家庭でのメイン機として使うのは考えないといけない点かもわかりません。

次にパナソニックのW踊り炊き&スチーム炊きですが、僕は3機種前にパナソニックを持っていますが、炊飯器任せだけの自動炊きなら主要メーカーの中で一番とは思います。
IH部門においては上記にあげた6メーカーの中でパナソニックは技術力は上でしょう。
しかし、あくまで自動炊きでマニアックなお米作りとなると象印とは反対の考えで安全、耐久性重視で味の面ではワンランク落ちてしまいます。
電気屋さんで見たら一目瞭然でわかると思いますが、釜も場所をとらない点で考えると理想形、素材の面でも鉄や土を使わない耐久性重視の考え方です。
どういう事かというと素材の面はフッ素が吸着しやすい様に象印や他メーカーの様に鉄や土、銅なんかを使わず、耐久性と操作性を重視した軽くてフッ素との吸着が丈夫な素材を使っているので熱伝導率や炊き上げた時の出来具合がどうしても劣ります。
また、スチームというと知らない方はいいと思うでしょうが、これは保温を長持ちさせるために打ち水しなくても自動で噴き出す事でユーザーに手間をかけさせないという考えからでしょうが、デメリットとして炊き上げ時から釜の中もお米も非常に水っぽくなってしまうという欠点があります。
メーカーが炊き上がった時にも上からスチームをかけてご飯を包み込むとうたってますが、釜や炊飯器の形状を工夫してお米から出たデンプンを含んだ水で包むのでは無く釜をセットする前に水道水から汲んだ、ただの水ですから美味しさを追求した包み込みでは無く見た目にしっとり感が出たってだけです。
事実、僕が持っている3機種前のスチームも全く同じ方式ですが、たいした事はありません。
このスチームは上記に書いた通り保温時の打ち水がいる場合での自動化に重きを置いていると考えます。
しかし、それほどお米の味にこだわらない方が1機種目に選ぶなら味は群を抜いていなくても安定した使い心地と炊飯器が長持ちする点、お米の種類に応じた炊き上げプログラムなどで使いやすい点などは評価できるのでいいと思います。
ただし、炊飯器での一般的なお米の味となってしまいますが、上にも書きましたがメリットは各メーカー内で一番長持ちはするでしょう。
もう一度書きますが、美味しいお米を極めるというのならパナソニックは選択肢から外した方がいいでしょう。

では、残りの東芝・日立・タイガーは、長くなるので別ブログで投稿いたします!!














 

美味しいお米の食べ方を考えて!!

2018/01/05 02:10:02|コメント:0件

  • 美味しいお米の食べ方を考えて!!

お米が大好きな僕はゆめぴりかふっくりんこ、ななつぼしなど品種改良された美味しいお米がどんどん出て来る中で食べ方を最近凄く考えるようになりました。

最近と書いたのは今まで以上に米が美味しくなり90%以上外食だったのが家で食べる楽しさを覚えたからでしょう。

どんどん品種改良米も開発され、炊飯器もメーカー同士、新商品開発に熾烈を極めております。
美味しいお米、数年前と違い家庭で食べるのには上記の理由から今は結構深いって感じています。
これを極めたら昔のお米よりも数段美味しく本当にオカズいらずになるんではないでしょうか。

皆さんも一緒でしょうが、美味しいお米を食べるなら高級米をゲットしたらって思う方がほとんどでしょうが、上述した通り僕もそうでしたが、実際はそんなに簡単では無いという事に気付きました。

家庭で炊くなら炊飯器がいりますが、これもお米同様、メーカーの最上位機種を選択したらいいと考えるのが普通でしょうがメーカーにより方式、炊き上げ方法など方向性、こだわりの違いがありそれだけでは数年前の様に上手くいきませんというか最上位機種を選ぶ事により逆に後悔してしまう事でしょう。
きちんと調べて自分にあったメーカー最上位機種の炊飯器を選び使いこなさなければ簡単に炊ける下位機種の方が美味しくなるという逆転現象が起こるという事です。

どういう事かというとお米の出来上がりは人により様々で硬めが好き、柔らかめが好きってわかれるでしょう。

ちなみに僕は硬めの炊き上がりが好きです。

水を少なめにしての無理やり硬め!
としっかり炊き上がったお米本来の旨味を出し切った硬め!
とは全く違いますので、この点が非常に大事な点です。

僕は、美味しいお米を食べるのが好きなんで前からお米と炊飯器は最上位機種を使ってきましたが、数年前までは炊飯器の上位機種は分からず使っても下位機種よりははるかに美味しく炊けてましたが、数ヶ月前に三菱の最上位機種も新たに購入し炊いていますが凄く美味しく炊ける時と上手くいかない時があり不思議に思っていました。

簡単に書くと硬めのお米が好きな方は三菱の最上位機種の炭釜を選ぶのが三菱の炊飯器に対する設計の仕方から正解です。

柔らかめのお米が好きな方は、タイガーの最上位機種の土鍋炊きや象印の南部鉄器の最上位機種を選んだらいいと思います。

しかし、最新機種は銘柄炊きや炊き上げプログラムの中にいろんな工程を取り入れていたり、釜の違いによる好みの違い、炊き上げ方式による好みの違いなどいろいろ考えないといけません。

この炊飯器の説明は各メーカー細部にわたり調べてますが長くなるので今回は割愛して別のブログでご説明します。

僕は、別業で業務用炊飯器を販売してたのでお米の炊き方は詳しいとは思います。

本来の美味しいお米の炊き方を簡単に書くと
まずは、お米を研ぎます。
新米の場合は、さっと研ぎ、古米の場合はしっかり研ぎます。

その次にすすぎをして洗いで出たお米の濁りをとります。

次にお米に水を張りお米を1時間ほど浸水します。

その後、ザル上げといってお米をザルに入れ30分ほど放置します。

それから炊き上げるのが、本来の美味しいお米を炊き上げる工程ですが、これを現代の炊飯器の最上位機種でやると失敗してしまってました。

美味しいお米が入った時に食べに来てたスタッフ、女の子は、あれって感じる時があったと思いますが、僕がずっとなぜだろうって考えていたのはこの点でした。

美味しい時!あれって思う時!の違いは、
急いでいる時は美味しく炊けて、
時間がある時、美味しく食べらしてあげようと取り組んだ時は失敗するこの点に気付きました。

ただし、柔らか目のお米が好きな方だったら意見は逆だったでしょうが食べに来た方は僕を含めお米は硬めが好みとだったという事です。

今のメーカーの最上位機種の炊き上げのメニューの中にある一番美味しく炊けるってモードは、浸水、ザル上げ、などプログラムの中に組み込んでいて同じ事を繰り返す感じになるので失敗してたんです。

今回、硬め炊きのスペシャリストの三菱に米粒れ現象が出ていたんでメーカーの専門部署に問い合わせてやり取りしている中で発覚しました。

同じ工程を繰り返したのでお米にダメージが加わったって事です。

お米に詳しい人間もいるんで詳しくマニュアルに書いて貰いたかったですね。。。

ちなみにどのメーカーの最上位機種もおいしく炊けるプログラムで上記に書いた炊き上げ工程を実行すると同じ現象が出ますので気をつけてください!!

次回は、今回割愛した美味しいお米を食べる時の家庭用炊飯器の選び方を投稿します(^-^)









 

年末年始の定休日のご案内です。

2017/12/29 23:50:38|コメント:0件

  • 年末年始の定休日のご案内です。

本年残すところあと僅かとなりました。

皆様には日頃より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

来年も、お客様によりご満足頂けるサービスを提供出来るよう誠心誠意努力する所存でございます。



平成29年12月31日(日)~1月3日(水)までは年末年始休業とさせて頂きます。

新年は平成29年1月4日(木)より営業いたします。

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

今後とも変わらぬご支援を賜りますようアモーレ一同心よりお願い申し上げますm(__)m



 
  • 昨日の地方交流重賞の結果とJRA最後のレース!!


昨日は、園田競馬11Rで兵庫ゴールドトロフィーの地方交流重賞が開催されました。

昨日のブログに投稿したように非常に難解なレースでしたので少額参戦で挑みました。

レース結果はまだマイページに反映されてませんのでレースの着順結果をのせております。

仕掛けた戦法は三連複ボックスで、1.9.10.12の4頭ボックスで挑みましたので非当選となりました(´;ω;`)

2着に来ている4番のラブバレットをハンデ戦で最高斤量背負ってたのと馬年齢から消してたんで残念な結果となりました。

もう少し出走馬がいたら入れる事が出来たんですが、3頭がフェリーが出向出来ないために出走取り消しとなりなんと9頭立てでした。

地方競馬で9頭立てなら5頭選ぶとまずトリガミは免れませんので仕方なしです。

9頭立ての地方レースでしかも荒れた結果で無いにかかわらず三連複で10.5倍、単で76.1倍というオッズが付いてるのを見ると他の競馬ファンの方もかなり悩まれて分散された結果のレースだったという事でしょう。

少額参戦だったのが幸いでした♪

本日は、今年最後のJRAレースです。

参戦レースは4レースに決めました。

阪神6レース2歳500万下で
1頭軸で4頭立ての6点の三連複フォーメーションで挑みます。
ヘッジにワイド1点掛けも仕込みます。

阪神12Rファイナルステークスで
1頭軸、6頭立ての15点で三連複フォーメーションで挑みます。
ヘッジは、無しで上記だけでヘッジも賄えるように設定しました。

次に中山11Rで重賞G1レースのポートフルステークスで
三連複フォーメーションで挑みます。
1頭軸の6頭立てで15点での設定です。

最後に中山12RベストウィッシュCで
三連複フォーメーションで1頭軸の6頭立て15点での参戦と
副賞ドカンを設置しました。

今年最後のJRAレース有終の美を飾りたいものです!!

結果は後のブログでご報告いたします(^^)







 

有馬記念のレース結果!!

2017/12/26 00:44:26|コメント:0件

  • 有馬記念のレース結果!!

本日のお題は「断捨離シーズン!思い切って捨てたもの、これから捨てるものはありますか?」

ですが、

振り返ると思い切りはいい方と思ってます!!

去年は恐ろしいほど思い切りがよすぎ、従業員達に手伝って貰っていたのでさらに思いっきりの良さに拍車がかかり未使用品も含めかなり捨ててしまい、たしかに整理した当初はすっきりしてましたが、日が経つ毎に必要品もあった事に気付き後悔してしまいました。

お題の断捨離シーズンで思いっ切って捨てたい物ですが、全くありません。
むしろ、溜め込みます!!

話は変わって24日の競馬の戦績の発表です♪

メイン添付画像は、ネット投票で仕掛けたレースで23日の土曜日が7レースまでやりましたので8番からのスタートとなっております。

24日は競馬の祭典有馬記念がありましたので、ネット投票以外に競馬場に行って馬券も別途購入しました。

まず、ネット投票の結果から
8番と9番は阪神10レース江坂特別で
8番はワイド1点買いでの参戦で無事的中となりました♪
9番は三連複フォーメーション10点買いでの参戦でしたが、頑固が着となり非当選(´;ω;`)
ガンコはさすがに買えませんでした。。。

10番と11番は阪神11レースサンタクロースステークスで
10番はワイド1点買いで無事的中となりました♪
11番は三連複フォーメーションで5頭10点買いで無事的中となりました♪

12番と13番は中山11レースの有馬記念のネット投票分で
12番はワイドでの参戦で無事的中となりました♪
13番は三連複フォーメーションの6頭の15点買いでしたが、なんとなんと2着にクイーンズリングが入り非当選。
天才ルメール馬の力を3倍増しにする実力はやはり世界の名ジョッキです。
しかし、わたくしはいかにルメールと言えどこのメンツでクイーンズリングは買えませんでしたが後悔はありません!!

そして、下記の画像が競馬場に行って買った馬券で複勝1点買いでの参戦。
クリスマスでなくクルシミマスだった僕にラブリー愛香ちゃんから頂いたイチゴのショートケーキ2種類とチョコレートケーキ、モンブランをアイスコーヒーで頂ながらドキドキで動画を観戦しました。




今回はキタサンブラックはメイチで必ず来るのと後の種馬の価値がかかっている重要なレースでしたが、天才武豊騎手の文句のつけどころのない最高の騎乗でどうどうの一着でした。

これが、感動の有馬記念の動画です!!


この感動を是非、クリックしてご堪能してみてください(^^)