店長ブログ

キーボードへのこだわり!!

2016/04/22 21:05:25|コメント:0件

  • キーボードへのこだわり!!

パソコンパーツの一つであるキーボードですが、僕にとってはこだわりたい大変重要なパーツの一つです。

僕は、ゲームは全くしませんが、別業でも文章打ちも多いので使いやすければ当然疲れにくいですね。

ちなみにどれくらいの文章量かというとA4用紙で50ページとか普通にあります。

キーボードのキーの特徴は大きくわけて4種類あるのご存知ですか。

パンタグラフ・メンブレン・メカニカル・静電容量無接点方式という4種類の方式です。

パンタグラフは、プラスチックでキーを支えて押し込んだ時に認識さす方式で打感はソフトでボタンの押込みは浅いです。

メンブレンは、パンタグラフのプラスチックがゴムに変わったものと想像して頂いたらよいでしょう。
打感はフニャフニャソフト、押込みは浅いです。

メカニカルは、キー一つ一つがスイッチになっている物で押込みは深くしっかりしてまして打感は下記に分かれます。
赤軸、青軸、茶軸っていうスイッチの作りがあります。
赤軸は音は静かでスイッチ感はソフトでキーはしっかり、青はソフトで音は大きくカチカチ音でスイッチ感は強い、茶は赤青の中間くらえのスイッチです。

静電容量無接点方式は、キーの下のスプリングで認識させる物で認識部はスマホの認識方法と同じ様な物でそれに押込みの感覚を付けるためにスプリングでキーを浮かしています。
打感は当然ソフトですね。

次にキーボードの種類は、2種類ありますね。

有線タイプと無線タイプです。

これは説明するまでも無いでしょう。

そして、僕が一番重要視しているデザインです。

僕の場合のデザインは見た目のデザインでは無く機能性デザインの方ですので!

ゲーム用キーボードで多いLEDピカピカ、オプションボタンゴチャゴチャは嫌いでシンプルな程、大好きです。

まず、方式だけで選ぶとすると僕は静電容量無接点かメカニカルの赤軸が好みです。

どちらも遜色ないです。

種類は、事務所で使う場合は無線タイプです。
理由は机の上でキーボードのけたり線が無いので邪魔にならないので無線タイプは絶対です。
無線タイプ選ばれる場合、キーボードに暗号化に変換できる機能がある分を選びましょう。

ちなみにゲームをされる方は基本入力以外の処理が多いので逆に有線の方がいいでしょう。

次に打音ですが、青軸の様なカチカチタイプは耳に付くので僕は回避します。

柔らかい音が好みで逆に無音も回避します。

これも好みでメカニカルの有名メーカーであるフィルコ製の打音カチカチ好きって方も多いですよ。

静電容量無接点方式で有名メーカーである東プレ製などのほぼ無音に近く押し込み感が深くソフトなタッチが好きな方も多いですね。

という事でどれがいいかは、自分次第ですのでお勧めのキーボードってありません。

上記に書いたボタン特性で選ぶか!
デザインで選ぶか!
キーボードにそれほどって事で価格だけで選ぶか!

ぼくは、デザインで選んでいます。

デザインで選ぶその理由は、通常のキーボードの横一直線のタイプで無く人間工学使用っていわれているマイクロソフトの湾曲タイプの膨らみがある分が一番あっています。

好きと言うより一番疲れにくいんで選んでいます。
僕はこのタイプのキーボードは壊れたら買い換えてずっと愛用しております。

打感打音もマイクロソフト製は、メカニカルの茶軸と同じ様な打音もカチカチと無音の間くらいで打感は赤軸と同じくらいで押込みはメカニカルよりは浅いです。

自分自身の使用方法では僕の知っているキーボードの中ではマイクロソフトの人間工学使用が最高ですね。

という事で今回も自作パソコンのキーボードは添付画像のマイクロソフトの人間工学使用にしました。

皆さんキーボード選択はどうしてますか(^^)





 

勝者の考え方と敗者の考え方

2016/04/22 21:03:59|コメント:0件

  • 勝者の考え方と敗者の考え方

下記の言葉は、当店の事務所内の額縁に飾っているスキルアップの言葉です。


勝者は耳と傾け、そして学びます。
敗者は実力以上に大げさな事をいいますが、通常は、自分がいつかは、計画したいと思っている事を話しているに過ぎません。

勝者は、質問をし、そして返事に耳を傾けます。
敗者は、話してばかりいて決して聴くことをしません。

勝者はチャンスについて討議し、問題に対する解決策を編み出します。
敗者は問題に対して不平を言います。

勝者は役に立つ行動を繰り返し、過去に於いて失敗に終わった行動を避けます。
敗者は、失敗をもたらした行動を繰り返しますが、それは、敗者にとってはそのような形の行動が習慣づけられていて、さらに大きな失敗をおかすのではないか、と恐れて新しい行動をとることを避けるからです。

勝者は、自分自身の生産性を評価して、新しい改善の道を探ります。
敗者は、自分自身の不十分な成果に対して、誰か他の人を非難しようとします。

勝者は、定期的に目標設定を実行します。
敗者は、幸運と偶然に頼って成功を達成しようとします。


是非、実行してみてください。
素晴らしい人生を構築する上での大事な考え方です。