店長ブログ

競馬の副業化への道!!

2017/02/20 03:05:53|コメント:0件

  • 競馬の副業化への道!!

先週のレースは、出走馬も少ない関係もあるんでしょうが、オッズが低くヘッジテクニックが使えないので三連単や三連副を強いられました。

しかし、これをすると確立が悪くなりそれを良くする為に購入点数が増えてしまいますが、1頭でも外れると非当選となる大きいリスクがかかります。

スタッフKK君は競馬歴長いんですが、副業に出来るかを考えると彼一人でやると100%無理でしょう。

スロットテクニック教えてやっても僕と比べると全然でしてお話になりません。

スタッフI君もKK君にさらに馬知識が無い事が加わります。

二人とも僕の言う事を向上心をもって受け入れますので、向上してますが、自分で考えて戦略を立てれるかっていうと全然でして、お二人に作戦会議の時にきつく指導しました。

上記に書いたヘッジテクニックが使えないときどうするか、これを考えたとき僕なりに戦略が浮かんできましたが、彼らは・・・

そこで、彼らに戦略を立てれる考え方を植えつける会議を開きました。

その時、添付画像のなみちゃんに貰ったベリータルトとれおなちゃんに貰ったHORAIの豚饅を頂きながら勉強会をしました。

HORAIの豚饅は有名ですが、食べた事なく頂いてみると美味しすぎてもうコンビニの肉饅は食べれなくなったって思えるほど美味しすぎる味で度肝を抜かれました(´・ω・`)

食後はベリータルトをアイスコーヒーと一緒に頂きましたがベリーの甘酸っぱさとタルトのなんとも言えない食感と味、最高でした♪

なみちゃん、れおなちゃん、

あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・し・た(^^)

頂いた後、それぞれに戦略をたてる訓練です。

競馬を考えるときに強い馬は勝つ理論は変わらずですが、取りやすいレースを見ずにやりたいレースもしくはやらされているレースいわゆる重賞レースしか見ていない彼らに考え方を植え付ける為にスポーツを例に上げて説明しました。

例えば高校でずば抜けている野球選手、水泳選手などがいると授業、クラブ活動ではずば抜けているでしょう。

しかし、国体、オリンピック、プロ野球の場で考えると負けたり勝ったりと思います。

では、これを競馬に置き換えると何か、それは、新馬戦と重賞レースの間のレースです。

新馬戦はクラブ活動をやり始めたばかり、重賞レースは上に書いたオリンピックや国体なんかの場で重賞レース前はいわば学生時代のクラブ活動で他校との交流会レベルと考えたらいいでしょう。

これを彼らに教えると納得し、研究してましたが、コロンブスの卵状態では話にならず個々がこの考え方、閃きが出来ないといけないという事です。

また、馬も生き物ですから個々の性格、調子のいい時、悪い時がありますし、筋肉の質や量を変えてレース展開と変えたりなどの戦略を厩舎側がやってきますので、戦略を変えたからそれが実るとは限りませんでので、実っていないのか実っているのかが前段階でわかっているのかわかっていないのかを見抜かないといけません。

これも彼らに徹底的に教えましたが、騎手の選択の時にある程度わかるという事!!

そして、実際走る馬が長距離得意か逃げが得意なのかその時どの枠にいるのかなどを調査しておいてレース展開の組立を読まないといけません。

レース展開が下手な騎手もいますのでいかに馬が強くても騎手が下手では話になりません。

騎手の力量はレースの結果に大きく左右します。

後は、コースの左回り、右回りの得意な馬、ダートが苦手な馬、直線が長い時、有利になる差し馬、先行が有利な展開やレースの距離の展開、天候による馬場状態での展開など全て読まないといけません。

ここ数日の講習会で彼らは向上したでしょうし、戦略をたてれる考え方を指導したので今後に期待です。

戦略、僕ばかりなら流石につかれますので、今回の会議は厳しいおしかりを含めての会議でした。。。









 

東京新聞杯で培った事!!

2017/02/08 01:13:28|コメント:0件

  • 東京新聞杯で培った事!!

競馬は、馬ですので生き物ですからその日の体調・向き不向きのコースや距離・枠組み・天候などを考えないといけませんし、その日のレースで全力を出すかどうかも戦略的にあると思います。

なぜ、その日のレースで全力を出す時と軽くとまではいいませんが力を抑えた走りがあるかって思うかというと馬という動物の身体の作りから常に全力投球していたら故障がちになったり引退が早くなるからです。

強い馬がいい成績を残さずに引退するとその後のビジネスにならないから大赤字になるということです。

逆にディープインパクトっていう強い馬がいましたが、まだまだ余力がある絶頂期に引退しました。

このラストランを見てください!!

ジェット機の様な差し脚が健在です。

しかし、日本の競馬での最高のレースである有馬記念で優勝して、とてつもない成績で引退すると種馬としてのブランド化を構築できますね。

すると馬主側にとると第二のビジネスになるだろうし、現役時代は強かったが最後は負けレースが多かったというイメージが付かないからブランド化が確立できるわけです。

競馬はビジネスですから馬主も厩舎も成績のある強い馬ほど大事にする!!

従って成績を残すために日頃万全のトレーニングとその馬に乗って成績を残せるジョッキを馬主、調教師が選び成績を残して格付けを上げていくっていうのがストーリーです。

その中で馬ですから、そのレースまでに万全に出来ない時、故障後の復帰戦などあるでしょう。

そんな時に乗るジョッキと万全の時の乗るジョッキは違うってのは研究の中で見つけました。

このあたりは、一緒にやっているスタッフK君とスタッフI君に十分に教えてこれからの副業テクニックに結びつけるように指導しました。

このあたりは、何故気付いたかというと先週のレースの東京新聞杯であれっと思い研究して学びました。

1着になったブラックスピネルとそれに騎乗したデムーロ騎手、そして馬のコンディションと戦略で上記の事に気付くことが出来ました。

競馬ファンなら上記の事を考えながら、ブラックスピネルでの戦略を考えるとピンと来るでしょう。

東京新聞杯の時は重馬場状態、距離1600メートル、ブラックスピネルは2番の内枠、ジョッキはデムーロ!

簡単に一つづつ解析すると東京新聞杯の時は先行突き抜ける馬がいなく、重馬場なんで当然スローペースでのレース展開になる。

そして、内枠でのスタート!

距離は1600メートル!

馬主、調教師はここぞって時に実力のあるブラックスピネルが成績を残せていないが今回は万全の体調で望めるのでジョッキをデムーロを選んでいる。

この部分は、今回は長くなるんで別のブログで書きますので割愛しますが、スタッフには教えましたので早く知りたい方は、僕かスタッフK君かI君に聞いてください。

これが東京新聞杯のレースです!!

まさにブラックスピネルを上手に使ったデムーロジョッキの戦略勝ちです。

上記に書いた僕の分析と今回のレース分析するとよくわかるでしょう。

ビジネス戦略という事です。

本当に勉強になったいいレースでした(^^)



 
  • 競馬を初めて3ヶ月目に突入しました!!

タイトルに書いているように去年の12月に初めたので2月で3ヵ月目に突入しました。

現在3名でやってまして、それぞれに役割分担をして週末にそれぞれの分析結果を出しています。

まだ、僕が中心となって指示していますが、個別にプランを出せれる様になるのも時間の問題って所まで来つつあります。

最初は、研究テクニックも競馬初めて間もない僕が立てないといけない様な状態でしたのでそれからいうと劇的な進化をしました。

スタッフK君は元々競走馬自体が好きで個別の馬には詳しかったですがこれを収支に結びつけるとなると別問題です。

資金配分、リスク分散、考え方、向上心の植え付けなどいろんな事を直さないといけませんでしたが、一緒にやりだしてからは成長しました。

これを個々で出来だすと楽しみです。

今の成績は全員がプラス収支ですので、副業にはなっていますが、精度を上げてもっと効率よく稼げる様にして副業種別も増やして行きたいと思っています。

成功するのはそれに向かっているのであたり前で喜ばしい事でないという事。

それとは逆で反省点をみつけてそれをどうするかを考えて向上することを喜びと感じる事の出来る考え方この点が一番重要ですね。

これはどんなビジネスでも同じです。

失敗から学ぶ喜びを感じて、日々向上していく事、取り掛かるスピードを上げるのを怠らない事!!

これをそれぞれが出来るようになる。

楽しみですo(^▽^)o

メンバーを募集してますので、わたしは僕はって方がいましたら参加してくださいね!!

ただし、楽して稼げるって考え方なら無理ですのでその点は気をつけてください。