店長ブログ

  • 昔の最高級メンブレン鍵盤と現代の最高級メンブレン鍵盤!!

キーボードの種類は、
メカニカル方式!
静電容量無接点方式!
メンブレン方式!
パンタグラフ方式!
バックリングスプリング方式!
となっています。
メカニカル=静電容量=バックリングは上位となり
メンブレン、パンタグラフは下位と位置づけされてます。
パンタグラフ方式はノートパソコンなどのあのペチペチの分です。

メンブレン方式は、パソコンに最初からついているキーボードや3000円未満の安物キーボードのゴムゴム感の強いタイプです。
しかし、価格は高くなりますがメンブレンでも高品質な打鍵感のキーボードは存在します。
今回、仕入れたWINDOWS95時代はメンブレン最強と言われた
NMB(ミネベア)RT6652TWJPと
現代の最強メンブレンと言われる
富士通コンポーネント リベルタッチFKB8540
がそうなんですが、網膜接点なんでメンブレンに位置付けされてますが、仕組みを見ると両機ともほぼメカニカルって言っても過言では無いでしょう。

これが、両機を比較した動画です。

前半は両機の打鍵音の比較、動画後半に軸を取り外しスライダーを見せてますが、安物メンブレンと違いスライダー、レール、キートップ、本体共に別パーツとなってます。
そして両機ともにマウントも鉄板マウントとなっており、打鍵に全くゴム感はありません。
安物は網膜接点同士が重なり合うだけの作りでキーを打つとゴムを押しつぶした感触が指先に伝わり打鍵感も非常に悪くキーも一番下まで打ち込まないと認識しません。
長時間安物メンブレンを使っていると非常に指先が疲れますし、高級キーボードを使ってしまうと打鍵感の違いから打ち込み作業をやるのが嫌になってきます。

今回、ミネベアのRT6652TWJPを仕入れたのはビンテージメンブレンでは最強と呼び声が高い機種なんで一度打鍵してみたいという衝動とリベルタッチと比較したくて仕入れました。

ちなみにRT6652TWJPは、熱狂的な愛好家が多いのでも知られています。
ミネベア自体キーボード業界から撤廃してますので、現代ではパソコンショップで新品なんかを仕入れるのは不可能です。
そこで愛好家や高級キーボードまでは手が出なくても使いやすいキーボードを求めていた人は、ミネベアが業界から撤廃すると知るとRT6652TWJPを何枚も買い込んだと聞きます。
RT6652TWJPは、RealforceやHHKBなんかと比べると価格もリーズナブルで打鍵感が良いとなるとミネベア愛好家以外にも他の打鍵感が良いキーボードと比較するとコストパフォーマンスが良いので買い込んだ人がいるのもうなずけます。

僕的には両機比較するとリベルタッチに軍配があがりますが、値段はRT6652TWJPの倍以上、リベルタッチはしますのでコストパフォーマンスを考える方なら上記に書いた通りミネベアRT6652TWJPを選ぶでしょう。
ちなみに僕の場合は、キーボード収集家でもあるので値段に糸目は付けませんので、
事務所のキーボード棚においてあるキーボードで恐ろしい値段するのも数種あります(;´Д`)

探すの手伝って貰ってて、いろんなサイトやオークション、セカイモン、秋葉や有名パソコンショップなどを探しても手に入らないのがわかっている、なみちゃんやみつはちゃんは身に染みてわかってるでしょうが、鍵盤史上最高品という機種も事務所には多数ありますので
上記のミネベアRT6652TWJPを含め打鍵してみたい女の子やスタッフは是非堪能しにきてください!!






 

日曜日の宝塚記念及び他レース戦績!!

2018/06/27 23:38:47|コメント:0件

  • 日曜日の宝塚記念及び他レース戦績!!

日曜日は3レース3戦法での参戦でした!!
土曜日に10レースやっておりますので日曜日は11番からとなっております。

11番は阪神8レース出足特別で
ワイド1点買いで3.8倍のゲットとなりました♪

12番は東京11レースパラダイスステークスで
3頭ワイドボックスで1点のみ的中となりました♪
1点でも5.5倍もありましたので美味しく頂けました。

13番は重賞レース大型G1の宝塚記念です。
このレースは4頭ワイドボックスで6点勝負で挑みました。
結果は非当選となりました(;'∀')

まだまだ、競馬では戦法で悩んでおります。
1、確実を狙った副賞のみの参戦で行くのか!!
2、まず大丈夫であろう2頭を狙ったワイドのみで行くのか!!
3、三連馬券で回収率を狙って行くのか!!
4、ワイドボックスで3頭を狙い同時にヘッジの効力を持たす戦法で行くのか!!
5、ワイドボックスで1番もしくは2番人気をはずし三連程の回収率は見込めずとも取りやすい回収率を狙って行くのか!!

僕の考えている戦法は上記の戦法です。
今回のレースでもかなり勉強及びサンプルを取れました。

11番で選んだ戦法は、上記にあげた2の戦法です。

12番で選んだ戦法は、上記にあげた4の戦法です。
はずれてもヘッジが効き収支には結びつきますね。
2と違うのは2頭がまずは外さないであろうレースと1着固定できても2着目3着目が数頭の中でどれが来るかわからない時で戦法が変わって来るという事と4は場合によればそこそこの回収率も見込めるという事です。

で、僕の苦手としている重賞レースですが、今回も自分の3連馬券での展開組んだ馬の上位チェック馬でのワイドボックスでくくりました。
ここで、考え方ですが、重賞レースは今回の11番と12番の様に馬がずば抜けているというのはありません。
正直、拮抗しておりますし馬場状態で実力馬も変わってきます。
重賞でもずば抜けている馬がまれにいる時もありますのでその場合は副賞のみもしくは2割単勝、3割副賞という手法もいいとは思います。
ですが、今レースは軸が固定できません。
自分の選んでいる軸予想をオッズと比較して1番2番人気になっているのならそれをはずして、
5の戦法ですがこれで挑んでボックスで組んだ方が回収率も見込めます。
いわゆる上位人気馬をはずすという事はレバレッジを上げた状態と同じという事です。

日曜日は収支はマイナス収支でした。
これは、凄くいいサンプルになったんで今後にいい勉強になりました。
複勝のみなら5レースやったとして1レースはずしたらマイナス収支になる危険がありますが、
ワイド以上なら5レースやって1レース落としても収支は確実にプラスで終るという事です。
では、手法に5の戦法を交えてやると5レースやって3もしくは4レース落としても収支はプラスという事です。

僕は、競馬も仕事と同じで失敗レースから培う事によって向上すると考えています。
人により過去に大きく買ったレースを夢見て負けレースから培う事をせず妄想を抱く人、負けが続くとへこんで収縮してしまう人、こんな人は仕事でも向上できません。
と僕は考えています。
絶えずプラス思考で向上心を持っていい仲間と力を合わせて頑張って行く事!!
僕はこう考えています。









 

日曜日の中央競馬の戦績!!

2018/06/19 07:08:39|コメント:0件

  • 日曜日の中央競馬の戦績!!

日曜日は13レースの13戦法で参戦しました。
土曜日に9番までやっているので日曜日は10番からのはじまりとなっております。

10番が東京8レース3歳上500万下で
3頭ワイドボックスで1点的中となりました。
画面は的中ですが、仕掛けが3点かえりが1.5倍なんで1.5倍トリガミです。

11番が東京9レース町田特別で
三連複フォーメーションでの参戦でした。
1頭軸で2段目3段目を4点の設置で6点参戦でした。
結果は11.6倍なんで5.6倍純利益でした♪

12番が東京10レース青梅特別で
3頭ワイドボックスで参戦し1点のみ的中でした。
3点仕掛けのかえりが2倍なんで1倍トリガミでした。

13番が東京11レースユニコーンステークスで
副賞2頭買いでの参戦で両的中となりました♪

14番が阪神6レース3歳上500万下で
3頭ワイドボックスでの参戦でした。
1点のみ的中でかえりが1.8倍なんで1.2倍トリガミとなりました。

15番が阪神8レース3歳上500万下で
副賞ドカンで参戦し無事的中となりました♪

16番が阪神9レース箕面特別で
ワイドボックス4頭買いで参戦し3点取り成功でした♪
この手法も今回のやり方から取り入れている戦法です。
4頭なんで6点となりますので、返りは2.7倍、8倍、3.7倍頂きましたので
大きい収支を頂きました♪

17番が阪神11レース米子ステークスで
3頭ワイドボックスで参戦しましたが非当選となりました!!

18番が函館8レース3歳上500万下で
3頭ワイドボックスで参戦し1点的中となりました♪
3点参戦で返りが5.8倍なんで美味しく頂きました(*´з`)

19番が函館11レース函館スプリントステークスで
3頭ワイドボックスで参戦し非当選となりました!!

20番が函館12レース北斗特別で
4頭ワイドボックスで参戦し3点取り成功です♪
4頭なんで6点となり返りは19.8倍、3.3倍、13倍でした。
少額参戦でしたが、美味しく頂きました(^^)

21番が阪神10レース灘ステークスで
3頭ワイドボックスで参戦し1点のみ的中でした。
3点仕掛けで返りが3.3倍なんで1点でも純利益ゴチでした♪

22番が東京12レース3歳上500万下で
4頭ワイドボックスで参戦し1点のみ的中でした。
4頭なんで6点となり返りが3.6倍なんでトリガミとなりました。

今回の戦法は土曜日から実施してました、本日も土曜日も収支につながっております。
的中率重視のやり方と回収率重視のやり方のメリットとデメリットを考えて
自分的に一番いいんじゃないかと考えて編み出した戦法です。
ただ、この戦法は今回初めて2回目なんでもう少しサンプルを取って行きたいと考えています。

なんとか去年の競馬の話題になった神レベルの3名に追いつきたいと考えています。




 

久しぶりに温泉旅行♪

2018/06/19 00:22:47|コメント:0件

  • 久しぶりに温泉旅行♪

土曜日の営業終わりに大好きな温泉旅行に1泊でなみちゃん♪みつはちゃん♪
にご招待していただきました(*´з`)
稼ぎにいい彼女たちの驕りでしかもみつは姫のビューティフルカーでつんで行って貰ってシートでのんびり出来て終業後寝ずの出発も楽ちんでした(。・ω・。)ノ♡

行った温泉は四万十町の松葉川温泉です!!

道中いろいろ寄りながら松葉川まで行ったんですが、まずは、久礼の超美味しい三宅うどんに寄りました。
ここのうどんは僕的に高知県トップ3に入ってます。
一番のおススメは肉天うどんで麺も勿論美味しいですが、スープが絶妙です。
やっぱりうどんで一番美味しく感じるのは麺よりもスープとおもいませんか!!

お食事してから四万十町まで行って四万十町二井田から右に曲がって松葉川温泉の方面に行くんですが、昔から変わらない素晴らしい景色や地所に寄りながら道中も堪能しました♪

夕方から雨予報だったんですが、
松葉川温泉に到着するとまだ雨は降って無かったんで遊歩道を散策しました。



店長ブログは女の子ブログと違って画像の枚数制限があるので3枚の画像をあわせて投稿してます!!

左側が松葉川温泉近くの遊歩道に渡るつり橋の上から写メった上流域です。
ここは、夜になると蛍もいっぱいいて眺め最高です。

画像右下は、道中に寄った沈下橋でなみちゃんみつはちゃんは沈下橋初めて見たらしく感動してました。

右上は松葉川温泉の帰りに寄った重要文化財に指定されている神社です。
広島の厳島神社の様に海側に鳥居がたっていて珍しく風情もある光景で気持ちがいいです。

順不同になってますが、
松葉川温泉は泉質が別府の温泉で有名な硫黄泉で肌がすべすべになります(^^)

浴室内もサウナ・四万十川の湯・源泉・源泉の露天風呂って感じで色々楽しめて最高でした♪

メイン画像で夕食と朝食を写メってますが、夕食の方は他にもいろいろ付いてましたが、時間差で運ばれてくるので写メ取り忘れです。。。

お米は現地の仁井田米に香り米が入ってて食欲そそられて何杯もイケちゃいます。

朝食は普段はあまり食べれないんですが、ここの食事は美味しすぎて4杯も食べちゃいました('◇')ゞ

お風呂も最高!食事も最高!道中も最高!
性格の良さコンテストがあれば間違いなく優勝するであろうお二人と行ったのが超癒されて一番サイコーって感じでした♪

性格が良さ=本指名率です。
容姿端麗=本指名率ではありません。
当然、みつはちゃん、なみちゃんの本指名の多さはなすべくしてなる結果でしょう。
ちなみに彼女たちをお嫁さんにすると最高に幸せな人生が構築出来ると断言しましょう(^-^)

いくら飛び抜けて容姿端麗でも性格が崩壊している様なゴミはまぐれの1,2本はあっても永続しませんし、ほとんど単発接客とショート接客のオンパレードとなるのは当店のデータを見ると一目瞭然です。
それとそんなゴミ人間を置いているとお店のお客様が離れて行く原因になるのと他の女の子、スタッフもいるだけで気分が悪くなりますから、廃棄するに限ります。
当店の女の子スタッフはわかってるでしょうが、ゴミ人間は務まらない様な環境を整備しています。
当店が働きやすいと感じる方=向上心があり性格が良い人間という事です。
当店の指針が理解できない方=マイナス思考で性格に問題がある人がほとんどです。

最後は、かたくなっちゃいましたが、彼女たちと行った温泉旅行は行き先も最高でしたが、
行先はどこであっても楽しかったでしょう♪

みつはちゃん♪
なみちゃん♪
温泉旅行、ご招待ありがとうございましたm(__)m



 

Cherry純正キーボードの至高の打鍵感♪

2018/06/07 04:59:02|コメント:0件

  • Cherry純正キーボードの至高の打鍵感♪

メカニカル軸で有名なCherry社!!
そのCherry社の純正キーボードでNEC PC-9801-114です。
Ascii配列で軸はリニア特性のCherry MX 黒軸です。

MX黒軸以外の赤軸、茶軸、青軸は所有していますが、黒軸はMajestouch2を試打した時、押荷重が重かったので今迄は所有していませんでした。

PCBマウントのCherry純正のキーボードなら打ちやすいという事を聴いていたので
RealforceとHHKBのマウントの違いで同軸でも差があるのは自分自身でも両機使ってみて体験していたので
Cherry純正キーボードのG80-3000LUNUSを入手しました。

ちなみにCherryMX軸の他の所有キーボードは全て鉄板マウントです。

Cherry純正キーボードを打ってみての打鍵感ですが、
鉄板マウントと違いPCBマウントは底付き感がなんてソフトなんだろうって感動したのが一番感じた打鍵感です。

正直、Cherryメカニカル軸を鉄板マウントで打鍵すると完全底打ちする自分の打鍵スタイルでは長時間使っていると指先が痛くなります。

しかし、このCherry純正キーボードは全くそれがありません。

また、黒軸の押荷重は60gですので、底打ちする寸前で減速されるメリットも生まれるのとソフトなPCBマウントと重なり打鍵感そして打鍵音も好みです。

赤軸などでしたら45gなんで底打ち寸前で減速されるメリットは生まれないでしょう。

MX黒軸=PCBマウントがペアになると至高の底打ち感、鉄板マウントとは違い快適な押荷重に変貌するとわたし自身感じています。

これが、Cherry G80-3000LUNUS cherry MX黒軸の奏でる素晴らしき打鍵音です♪

しかし、静電容量無接点方式はPCBマウントで打つと荷重が重く感じますが、
Cherryメカニカルは逆になるのはどうしてだろう・・・
不思議ですが、Cherry純正キーボードのMX黒軸最高です。

動画後半でスペースバーを取り軸を出してますが、スペースバーのみCherry MX グレー軸となっております。

MXグレー軸はリニアタイプとタクタイルタイプありますが、この軸はリニアとなっており押荷重はCherryメカニカルで一番重い荷重となっています。