店長ブログ

偉人の格言から感じること!!

2019/06/22 04:35:53|コメント:0件

  • 偉人の格言から感じること!!

 
相対性理論を唱えたアインシュタインの素晴らしい言葉を紹介します。
 
愚かさとは同じことを何度も繰り返しながら異なる結果を期待することだ。
 
この言葉を読んだ時、僕が思った事は、必ず結果を出すって強い信念をもって向上心を持ち歩んでいく人間が
口だけは達者だが行動が伴っていない低レベルな人間に感じることだと感じました。
 
自分では努力せず人から聞いた事、言われた事をさも自分がやったと勘違いしてしまう愚かな考え方、いわゆるコロンブスの卵状態も類する事でしょう。
 
敗者は何故、失敗をもたらした行動を繰り返すかというと敗者にとってはそのような形の行動が習慣づけられていて、さらに大きな失敗をおかすのではないか(さらに大きな損失をまねくのではないか)と恐れて新しい行動を取ることを避けたり、
幅を広げて戦略経費などをかける事を景気が悪くなったから勿体無いとしか考えられない思考、プラスの事だけを重視して一番大事なマイナス要因の打開策を考えようとしないから失敗の悪循環が繰り返されるわけです。
 
すべては結果が物語ります。
しかし、結果は最初は簡単には出せないかもしれませんが、俺は出来るんだ(わたしは出来るんだ)という自信を持ち、それを実行し絶えず向上心を持ち研究し実行することで向上し結果に結びついて行きます。
 
これは、どんなビジネスでも同じ事で、この考え方になると勝利へのステータスを歩み始めます。
 
ただ、この点は口だけで実行出来てない方もいますから、そういった方は敗者と同じで結果は出ませんし、仮にその時は出たとしても必ず敗北がまっています。
 
上述したコロンブスの卵状態も同じで、人のやったことを努力もせずさも自分の能力と勘違いする人も敗北しかないでしょう。
 
失敗から培った事で改善の道を探り実践していく事で自分自身が向上する事に喜びを感じ、成功した事には学ぶべき事は無いって思うようになると勝者としての道がスタートし始めます。
 
常に進歩を怠らず絶えず研究し目標設定し歩んで行く姿勢が大事と僕は考えます。
 
 
 
 


 

パチンコ店の検証11!!

2019/06/16 04:01:54|コメント:0件

  • パチンコ店の検証11!!

前回は、ディーボ桟橋の事を例に挙げて狙い方を簡単に書きました。

前ブログで次回は狙い方と書きましたので、書いていくと

当然、店により違いがあるので手法は変わってきますが、
ディーボ桟橋の様に確定6をほぼ置いてない店が殆んどと思います。

確定6を絶対に毎日置いてあるお店があるなら、その店の設定の入れ方の癖を研究して
朝一からそれをゲットするとサラリーマンの給料数倍以上の収支は絶対に得られると思います。

以前、確定6を平日は絶対においてある店がありましたが、その店の入店方法は抽選でした。
抽選では、いくら先頭に並んでも1番をゲット出来る訳では無いのでテクニックが重要です。
僕のテクニックは、数人で一緒に行って乗り打ちになりますが、
パソコン抽選の時に1ケタ台が出る順番を日々の確率で読み
1ケタ台が出る数字で目押しをして、数人が確立のいい順番の並びを連続で並ぶって手法を取ってました。

上記手法で、ほぼ狙いの台をゲット出来てました。

もちろん、一緒に行っているメンバーは、確実に6を見抜く能力が無いとこれも足を引っ張られますので、
完璧でない人には、徹底的に設定看破を教えて6を確実に見抜くという技術も教えないといけないのは言うまでもありません。

で、数台の台に的を絞ってる訳ですから、6では無い台は、見切りの良い所で辞めて
6の台は、交代で閉店までぶん回しって手法です。

後、数台の台は、失敗しているので、数人がマイナス分をハイエナポイント打ちでプラスに持って行くって事もやってました。

ただ、上記のお店は、現在、設定を入れていた店長さんが、県外に移動になり
確定6は入ってませんし、6どころか5も無い実情です。

という事で、わたくしの知っている現状は、
ディーボ桟橋の様に、確定6が無いが数時間6を演出したり、
4.5.6の高設定挙動をしてても低設定に変更になったり、
上限が設定されており2000枚以上出ない様に
ホルコンにより管理されてますので、少しでもお小遣いゲットしたいのであれば
その中で収支をあげれるテクニックを身に付けないといけません。

わたくし自身、試行錯誤を繰り返し編み出した手法を今後書いていきたいと思います。

本日のブログで書いたテクニックは、設定6がある店での手法でした。














 

パチンコ店の検証10!!

2019/06/01 02:18:42|コメント:0件

  • パチンコ店の検証10!!

遠隔操作って今も実際にあるのかって話題に上がりますが、
人為的かAI(ホルコン)まではわかりませんが、
99.9%あると思います。

理由は、いくつかあります。
各種確立を計算している方はわかるでしょうが、設定が途中で変わるって点が大きいでしょう。
設定が途中で変わる事は変更しないとあり得ませんから操作をしているという事です。
本来は、台を空けて設定キーを回して変更するんですが、僕の見て来た感じでは、コンピューターで変更出来るのではと思っています。

例えば、ディーボのジャグラーを例にあげると
設定の変わるタイミングは1500回転毎が多いです。
1500回転毎なんで1500、3000、4500、6000という回転数前後となります。

後、合成が6000回転で110で、大連チャン後でなくても大幅に変わり、そのまま大ハマりで
挙動も設定1、2に変わり連チャンが付いてこないという事です。

また、前ブログに書いたビッグレギュラ―確立がほぼトントンに近いのに全く合成がついて来ていないのも
意図的にビッグをレギュラーに書き換えて出枚数を抑えているという事です。
メーカーの作った確率では、設定5以上で無いとトントンに近い値を示す事は、数十台に1台そういった台が出てもそれは、不思議ではないが何台もその様な台が出るって事は意図的に書き換えないと100%ありえないでしょう。

また、この書き換えている現象は、何回かビッグ確定演出でレギュラーに変わったのを確認しています。
先ペカ無しのゴーゴージャグラーで例を出すと
3秒フリーズ、無音が発生しても光らず、3,4回転後に光りレギュラーになる現象を確認しております。
別にこれが起きたからドはまり食らうって事は無いんですが、あからさまに出枚数を調整しているのでしょう。

こういった事から操作している=遠隔という事が立証されます。

ただ、あきらかに高設定から低設定に変更操作されると別の台に設定がうつっているのも確認してます。
今迄は、あきらかに低設定の挙動がいきなり高設定の子役確立、抽選確立に変わり、
僕も2時間で5000枚位ゲットした事もあります。

Aタイプのジャグラーで一撃5000枚ってAT、ARTであるまいし、
なかなかあり得ない事ですが、実際、おこってます。

この様な現象がおきるのは、高設定からいきなり低設定に変更された台の左右2台以内が多いです。
これは、全ての台で空き台が出ない様に回さすための仕込みでは無いかと考えています。

もう一つ、人為的かなって思われるのが、ペアで来ていて片方が大連チャンになり
片方がへこむ事がありますが、
これもそこそこ詳しいファンの方がペア打ちしている時によく確認される点があります。

この点は、気付いているファンの方もいるので、その方たちはへこんでいる相方が超スローペースで打ち
連している方が通常打ちをして収支を出すって手法で対処しています。
へこんでいる相方が完全に止めてしまうと連している方の台も止まってしまう事があるから
完全に打つのを止めるのではなくて、あくまで打っているのを持続する事でプラス収支にもっていく手法です。

だから、ペアでしている人は収支を抱き合わせプラス収支をお互いで割るやり方で収支を出すって事です。

わたくしの場合、これ以外に合成の変わり目ばかりを狙い、連チャンが終わると即止めで収支をあげています。

次回からのブログは、狙い方を書いていきたい思います。