店長ブログ

パチンコ店の検証22!!

2020/05/08 23:30:20|コメント:0件

  • パチンコ店の検証22!!

前ブログの続きの事例です。

数日前にこういった事がありました。
沖ドキというスロットがあります。
このスロットはモードを見切ってのポイント部分だけやりまして、かなり収支を取っている台ですが、
その日もポイントをサクッとゲットして連荘モード(天国モード以上)をゲットしました。
多分、ドキドキモード以上になっていたと思います。

連荘中のビッグ消化時にベルで、かなちゃんランプが点灯し1G 連が確定しました。
※沖ドキの0G連や1G連は、かなちゃんランプもしくは音楽で決まります。
0G連が確定するとビッグ入賞時にいきなりかなちゃんランプ点灯もしくは音楽がなります。
1G連は、レギュラー及びビッグゲーム中にベルでかなちゃんランプが点灯するのが1G連です。
スイカやチェリーでの点灯はそのフラグで当選したので1G連が決まっていたわけではありません。
また、スイカやチェリーで当選するとモードの転落は無く、そのまま滞在かモードアップのみです。
しかし、ベル点灯と同じくゲーム中に当選した場合は1G連は確定です。

で、話を戻すと冒頭に書いたベルでかなちゃんランプが点灯し、1G連が確定し消化中に特殊音がなったので左リールにバー付きのチェリーを狙い中断にバー揃いの確定チェリーが揃いましたので、特殊音が鳴り1G連がストックしました。
その後、最初のベルでの1G連を消化して、もう一つ1G連をストックしているので余裕でレバーをたたきました。
するとビッグが揃いません。
すぐにあっ遠隔でゲーム数を削ったなってわかりました。
その後は8Gで当選し、残り2回当選して終了しました。
結果は、50Kくらい純利益を頂きましたが、正直カチンときました。

まっお小遣いはゲットしたのでよしですが、こういった事があるので、お小遣い稼ぎたい人は必ず
やる台のゲーム性は完全に把握しておきましょう。
おかしいことがあるとポイントまで回し、即やめする事です。
沖ドキなら32Gまでの連荘ゾーンまで見て33Gでやめるという事です。

多分今回の遠隔は個人狙いの遠隔ではなく、裏売り上げを得るための策略で、たまたま連荘中の特殊フラグが揃ったタイミングで発動したのでしょう。
Aタイプで説明するとどんなに連荘しても2000枚ラインに設定されているとそこから抜けないという事です。
2000枚の時点でリミッターがかかり現状維持かマイナスラインに落ちていきます。
これは、詳しい人なら経験があるでしょう。
という事で、今回の現象は個人狙いでは無いという事でしょう。
個人狙いならその前の連荘ゾーンを引けていないはずですから。

現在のパチンコ店は、こういった手法が横行していますから、
いままでの設定6を開店から閉店まで打ちっぱなしというやり方が通用しなくなっていますから、
※仮に設定6でも途中で出玉が抑えられて収支が6でもマイナスになる可能性があるという事です。
わたしが6を打ってきてまともな状態なら6では100%収支はプラスになります。

次回からは、こういった環境での収支をプラスに持っていく手法を例を出しながらのブログを書いていきます。






 

パチンコ店の検証21!!

2020/05/08 22:10:29|コメント:0件

  • パチンコ店の検証21!!

久しぶりの検証ブログです!!

遠隔操作の話題を何回か書きましたが、
Webで検索すると遠隔操作は、有る無しの意見が分かれていますね。

無しの意見は、リスクとの見方です。
遠隔操作は、前は店内から操作してやってまして、高知県内のホールも数店摘発されていましたね。
しかし、店舗敷地内でやらなければ違法にはならないのはご存じでしょうか。
ちなみにわたしは遠隔操作は有ると思います。
遠隔操作といっても2種類あると考えています。
一つは上に書いた個人狙い。
もう一つは、収支合わせと中抜きで活用しているのではないかと考えています。
収支合わせとは台を稼働させて収支を得る為に高設定演出をしてだまし討ちする方法です。
そこそこスロットに詳しい人なら低設定の台は簡単に見破れますよね。
しかし、ジャグラーシリーズで例を取ると
ビッグ・レギュラー比率!
子役確立!
特殊解除!
など高設定と低設定の違いを見抜き打ちっぱするわけですが、
この比率が例えばジャグラーシリーズのマイジャグを例に挙げると
ビッグレギュラー比率トントンに近く、子役確立がベルで6.1位、特殊解除が500G内で来ていて
合成確率が4000ゲーム以上でも115を切っている台なら高設定(機械割が100%を超える4以上)となるので回すわけですが、
ここで、上述した遠隔操作を使うと合成は変わらず連荘率も良くなり115からさらに合成が若くなっても枚数が増えず、いわゆるレギュラーのみしか来なくなったり、急に挙動が変わり合成が太っていき罫線が逆行したりします。

わたしが見てきた中で遠隔使ってないお店は、こういった特徴があります。
勿論、平日毎日高設定を入れていると仮定してですが、
こういったお店は、開店時からお昼くらいまでは、ほぼ満席になり高設定台が決まるとほかの台は人がいなくなり、ガラガラに近くなっていきます。
逆に遠隔使っているお店は、お昼過ぎても安定して台の稼働がいいです。
わたしの考えている遠隔操作とは
機械の稼働を良くするためにゲーム性能を変更し、低設定でも高設定と同じゲーム性に変更しユーザーを騙している手法と
回転数を0に戻しストックを削っている手法があると思います。
回転数を0にする手法では、ユーザー騙し以外に税務署対策もあり、回転数を削った分を売り上げから抜けるというメリットもあります。
ちなみに回転数を途中で0にする方法は、結構なパチンコ店でやっているとの事です。

次回は、実際にあった上記の例を挙げていきます。