店長ブログ | キーボード選びでもう一つのテクニック!!

キーボード選びでもう一つのテクニック!!

2019/04/06 07:00:25

  • キーボード選びでもう一つのテクニック!!

キーボード選びで過去のブログに色々書いていますが、もう一つテクニックがあります。
それは、テンキーの有無です。
メーカーデスクトップPCでは、テンキーがついているものが普通ですね!

僕は別キーボードを構えてでもテンキーレス仕様があるモデルはテンキーレスを選択します。

普段の作業の時、数字ばかり使う事はあまり無いと思いますので文字キーの上の数字でタッチすると対応できます。

しかし、エクセルなど数字入力をする時は、キーの上の数字では面倒なんでテンキー使ったほうが効率いいですよね。
そんな時は、テンキーを使っておりますが、作業内容によりテンキーがあるとキーボードの幅が広くなりますのでマウス操作もやりにくくなりませんか。

また、机の上もテンキー無かったら広く使えるメリットがあります。

という事で、僕はどの様に使っているかというと!

普段独立テンキーは事務机の上の邪魔にならない所に置いていますので、独立テンキー使う作業の時だけ机の上部から引きおろしてキーボードの右横において作業したり、エクセルの時はテンキーをキーボードの左横において右手はマウス左手はテンキーって具合に使ったりもしています。

そして、画像、映像作業や普段の作業ではテンキーを上部に移動し机の左右を広く使えるようにしてるので、テンキーを独立させているのは大変便利ですよ。

ちなみにテンキーは常にパソコンのUSBに直差ししています。

ここで注意事項なんですが安定さすためにパソコン直差しがいいですよ、他の機材などもそうですが、USBハブは安定性悪いために極力使わない方がいいと思います。

という事から気に入ったキーボードでテンキーレスがある場合はテンキーレスを選んだ方がいいですよ!

ただ、テンキーレスのキーボードってテンキー付きより高いの多いですよね。

部品少なくすむのに何でって思っちゃいますが・・・

それとテンキーも買わないといけなくなりますが、1回購入したら暫くつかえますので初期投資がかさむデメリットはありますが、メリットの方が大きいんでお仕事で使われる方はテンキーレスを選択してテンキーを別で構えてテンキーとキーボードを独立状態にした方が作業効率が格段によくなるし机も広く使えて便利と思いますよ!!



 

コメント投稿

お名前

コメント