店長ブログ | パチンコ店の検証15!!

パチンコ店の検証15!!

2019/09/13 05:15:21


前回、ジャグラーのゲーム性順当なお店での戦略方法を書きましたが、
現在、裏物の様な挙動をするお店しかわたしの知っている中では無いのでこちらを書いていきます。

スロットは、引きって考え方の人は参考になりません。
引きって考え方の人は週単位月単位で収支を取ると必ずマイナス収支となっているでしょう。

まず、基本を完璧に覚えている事が前提となります。

現在の裏物の様な挙動をすると書いたジャグラーですが、どういった事かと言うと

レギュラーとビッグの比率がトントンもしくはレギュラーに偏っている台が多すぎる。
しかし、合成はついて来ていない、もしくは合成がついて来ているが収支が大きくマイナスラインである。
基本を知っている人はわかるでしょうが、低設定程ビッグ確率が高くレギュラー確率が低いんですが、
見た目のレギュラービッグの比率サンプルは、高設定(4以上の事)となっている台が何台もある。
仮に引きってのがあるんならこれほど薄い部分ばかりが毎回何台も起きないですね。
これは、子役確立や特殊解除(チェリー解除や生入りと言われる突然系)にも言えます。

子役確立は、当然高設定の方がいいんで順当な台ならコイン持ちがいいんで収支が上って来るんですが、
裏物の様な挙動に変更されている台は、子役確立が高設定挙動していてもリプレイが異常に少なくなっており低設定の回転数となる細工が施されております。
逆に子役確立が悪くても収支がついてくる台があるのもサンプルが取れています。

特殊解除も同じで高設定の数値をたたき出しているが全く収支が付いてこない。

上に書いた、合成がついて来ていても(7000回転位で合成120未満)の台でも大きくマイナスラインになっている台ですが、ポイントでレギュラーに変換されて追加投資がいるのでそうなります。
例を挙げると連チャンしても80ゲーム程でレギュラーばかりでもの凄い偏り具合になってしまう台ですが、当然こうなると合成は若くなりますが、コインはマイナスになっていると思います。
後、合成がついて来ていても逆にまったくペカらなくなり、7000回転で合成110でもそっから大きく太っていったりします。

わたくしもこういった正規の挙動では無い台で何回も騙されました。
上手な人ほど騙されますので、気をつけないといけないです。
逆にあからさまな低設定の台が高設定に変わるのもよく見受けられます。
これは、ホルコンなどで高設定挙動、低設定挙動のゲーム性に変更し、
高設定挙動の台だったら上手な方は粘りますので、店側が安定して収支を得られるメリット、
低設定挙動で出す理由は、空き台を無くすようにするためのメリットと思われます。

数年前は、ここまであからさまは無かったんで、高設定の台は客が付き、低設定の台は1日の稼働が2000回転未満でヘタをしたら500回転も回っていない台などの空き台があったりしていました。
上記に書いたようにこういった事を回避する為と収支を安定してあげる為のゲーム性変更プログラムでしょうね。

きたない事ですが、コンピューターがここまで進化してきたんですからなんとでもやれるでしょう。
人為的にやってたら遠隔操作で当局に摘発されますが、コンピューターでやると台のロムを変更したりの一昔前のいわゆるカバン屋を使っての変更でもないんで摘発されませんん。
後、人為的な遠隔があったとしても同じ敷地内でやっていなかったら違法では無いという法律の矛盾点もありますので、こういった手法をとっているホールもあるかもわかりません。

過去のブログにも書いていますが、
わたしの書いている遠隔はホルコンによるゲーム性変更の事を遠隔と謳っております。
正規のゲーム性を変更したり途中で設定変更がなされたり無抽選状態の区間があったりするのは仮にホルコンによるAIだったとしても操作しているので遠隔と同じと考えています。
さすがに人為的な遠隔はおかしいと思う事は多々ありますが、わかりませんね。

今回は、現在のジャグラーの事を書きました、これはパチンコや他のスロットも同じです。

では、次回からこういった状況で収支をあげるにはどうしたらいいか書いていきます!!














 

コメント投稿

お名前

コメント