店長ブログ | 戦国時代を勝ち抜くという考え方!!

戦国時代を勝ち抜くという考え方!!

2019/10/14 01:59:54

  • 戦国時代を勝ち抜くという考え方!!

アモーレでは、4年前から今年から戦国時代に突入するという事を言ってましたが
実際、想定通りになってきました。
正直、分析は今迄もマイナスの方向にオーバー気味にするんですが
今の現状はオーバー気味では無くその通りに正直なっております。

戦国時代というのは
消費税も含めての増税!
回復の見込めない景気の悪化!
マイナンバー制度の導入!
それに伴う消費率の低減!

まず、増税ですが、僕からするとかなりおかしいと思うのですが、
民間は、リストラ、給料の減額などいろんな対策を強いられ実行しないと生き残れないし
仮に景気の悪化で付き合いのある会社や付き合いのある消費者が破産してしまうと回収金はゼロとなってしまいます。
しかし、国の税金は、破産できません。
この点もおかしいですよね。
そして、国会議員は月100万位は領収書無しで利用できる経費を使えたり、視察とは名ばかりの(何人かはバレましたが氷山の一角です)もはや旅行で、何かを改革するとは到底思えない行為を国民の血税でしています。
また、民間のリストラにしても議員数を減らすと大きく税収があがるのに上記の行為をしている人間がほとんどなのに改革しようとせず、今迄の収入や制度を活用出来る様に民間を食い物にするような制度を作り、民間ばかりにしわ寄せが来ていませんか。
経営者はわかるでしょうが、月のしめの時の消費税額って凄く無いですか。
これってお国の使えない余分な議員たちのお金も占めています。

マイナンバーも同じで個々の資金の流れを明確に管理する方法です。
経営者には、マイナンバー報告義務を怠ると罰則も規定されていて
例えば、今まで短時間のバイトをしてお小遣いを稼いでいた人も
所得税のみならず、市町村民税、保険費、年金など全てにおいて支出が上がり、バイトする事により
収入減につながる事もあります。
当然、そうなるとバイトなんかやらなくなり、人手不足、消費の低減などで景気の悪化に拍車がかかるのは
火を見るよりも明らかですね。

ただ、泣き言言ってもはじまらないんで、ここでどうするか!!

経営者は、今迄の培った手法を武器に対策を組み上げていかなければいけません。
そして、殻を破ることによりチャンスもあると思います。
サラリーの方も同じで、これをチャンスに変える方法を見出し
お国のレールに敷かれず、考えて歩むようにしましょう。
力をあわせれる仲間と共に
これからの戦国時代の勝者になる様に日進月歩歩んでいきましょう。
今までと違い、これからの時代は
勝者(金持ち)、敗者(貧乏人)しかいなくなり中層が無くなると予想しています。















 

コメント投稿

お名前

コメント