店長ブログ | 551の肉饅と二見の肉饅の比較!!

551の肉饅と二見の肉饅の比較!!

2020/03/05 01:20:27

  • 551の肉饅と二見の肉饅の比較!!

皆さん、551の肉饅は有名ですから知ってる方が多いですが、
二見の肉饅はご存じですか!!

両方とも大阪で売ってまして、551はいろんな所で売ってますが、二見は難波に1店舗しかありません。
大阪では、二見は人気を二分します。
同時に食べ比べてみたいって思ってたところ、ななちゃんが大阪に私用で行っててなんとわたくしの念願の食べ比べをすることが出来ました(^^)

家で食べる場合、味は重要でですので電子レンジ使わずに蒸し器で作りました。
両店ともに持ち帰って美味しく食べるには電子レンジより蒸し器を使った方がいいという事は明記しております。

添付画像の右が二見!左が551です!
値段は、二見が高いですが、少し肉饅が大きいですからグラム単価で比較すると同じ位になるんではないでしょうか。

次に生地ですが、二見はふっくらしていますが、551は弾力が強かったってのがまずは感じるところです。
生地は両店ともに食感以外は余分な味はついていませんでした。

して、餡です。
二見は、薄味ですが、玉ねぎの旨味と食感が直撃します。
551は、大阪=薄味とは違い、しっかりした味付けと脂分が多いです。
※生地も餡もコンビニのそれとは比較になりません。

両方についている辛子を付けて食べてみると551の方が味付けが強い分辛子に合うかな。。。

どちらが美味しいかったかって感想を聞かれると
まずは、一緒に食べ比べた店長の意見ですが、圧倒的に551が美味しいって事でした。
彼女は京都出身なんで薄味って思われる方が多いでしょうが、
京都って街は総菜は薄味ですが、拉麺や肉料理は他県よりも濃い味が多い街です。
僕の感想ですが、日本で一番両極端な街ではないでしょうか。
その影響も少なからずあるんではと思いますが、551が圧倒的って事でした。

僕の場合は、玉葱のカリカリ食感と餡の味のバランスが絶妙ですので、どちらかを選べと言われると二見を選びます。
あくまでもどちらかを選べという答えでどちらも美味しいです。
ただし、数個食べるとするなら店長と逆で圧倒的に二見となります。
551を食べすぎると気分悪くなりそうです=それ位味が濃いという事です!!

店長は拉麺は豚骨ドロッとの濃い系や豚骨醤油の家系、僕は中華そばが好きで旨味のあるあっさり系が好きです。

濃い系の拉麺が好きな方でしたら551の肉饅!!

旨味重視の拉麺好きは、二見の肉饅!!

ってなるんではないでしょうか。

ただ、彼女高知の煮物は濃すぎて食べれないって事です。
逆にわたくしは、京都の煮物薄すぎて美味しくありません。
(例)今からの旬のタケノコの煮物
京都=煮干し・コブで薄い味付け・・・いや薄すぎてタケノコの味しかわかんない!
高知=カツオのアラを使って砂糖、醤油でしっかりした濃い味付け!
















 

コメント投稿

お名前

コメント